ネット関連

初心者がWPXクラウドを10か月使った感想と評判 レンタルサーバーとの比較も

投稿日:2015年3月2日 更新日:


wordpressもろくに知らなかった初心者がWPXクラウドを使いだして10カ月が経過したので使用感や、表示する速さ等を調査しました。

また、評判はどうなのか?

WPXレンタルサーバーとの違いは?

なるべく検索しなくて済むように他のお役立ちサイト様にもリンクを入れています。

ザ・初心者目線!

画像引用元:wpXクラウド

スポンサーリンク

WPXクラウドの表示スピード

やっぱり速度は大事!ということでgtmetrixで久々にチェックしてみました。

gtmetrixは手軽にサイトの速さがわかる便利サイト!

はやっ!A評価。

細かい見方は初心者なので詳しくはわからないのですが(オイ)とりあえず速い。

Aの上にSランクとか無いと思うので、つまり一番速い。

ただし!CDNサービスのcloudflareを使っているんですよ。

cloudflare

出典:cloudflare

CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)とはコンテンツを複数地域の複数サーバーに配置し、ユーザーのリクエストに対して最適なサーバーからコンテンツを配布する負荷分散サービスです。

出典:今すぐ使える!CDN

説明を読んでもよくわからないのですが、独自ドメインであれば無料で使えて高速化できます。

WPXクラウドを検討されている方って独自ドメインが多いんじゃないかなって思うのでぜひどうぞ。

初心者の私でも導入は簡単でした。

ちなみに、cloudflareを導入する前だと、こうでした。

こんなもん。

これってどうなの?と思って他の人のサイト様を見て回りましたが、これでもまぁ普通みたいです。

参考にさせて頂いたサイト様:wpx速かったが・・・やや難有り

 

同じ会社がやっているXサーバーやsixcoreより速く、またさくらレンタルサーバーのスタンダードよりも速いそうです。

WPXクラウドは、おおむね速いと評判のようですね。  

wpxクラウドはキャッシュを自動で管理してくれているので、cloudflareのようなCDNサービスは使えますがキャッシュ系プラグインは使えません。

自分でキャッシュ系プラグインを用いる場合であればwpxクラウドは適さない、とのこと。

初心者からするとむしろ簡単で良いです。

キャッシュの意味もよくわからないですが全然OKなのです。

cloudflareの登録・設定はこちらをご参考になさっては。

WordPress高速化で最も効果があったのはCloudFlare!共有レンサバでも1秒台で表示(外部サイト)

私が独自ドメインを取得したのはこちら。

お名前.com(外部サイト)

ドメイン業者は他にもありますが、中でもお手頃価格だったので

 

というわけでwpxクラウドの速さの結論:独自ドメインでcloudflare使って爆速!  

続いて使用感です。

スポンサーリンク

WPXクラウドの使用感

初心者の私が利用するので、使用感は大事。

難しいと使いこなせない。

WPXクラウドの管理画面がこんな感じ。

管理画面

これだけ。

wordpressのインストールとか、ログイン回数制限とかいろいろ全部ここからできてしまいます。

これは楽でいい!

実は、wpxクラウドの前に一瞬だけXサーバーを使ってみたことがあるのですが「インフォパネル」「サーバーパネル」と分かれていてよく迷ってしまったので1ページで全部済むのはすごく助かります。

悪いところは、料金支払いの時に毎回クレジットカード番号を入力するのが面倒なところですね。

cloudflare を導入されたら、この管理画面にある「管理ツールの国外IPアクセス制限」を無効にしましょう。

cloudflar経由でアクセスするので海外IPになってしまいブロックされてしまいます。 

 

使用感の結論:管理画面が簡単で初心者に嬉しい。

 

カード番号の毎回入力はちょっと面倒。

WPXレンタルサーバーと比較したらどんな感じ?

WPXにはクラウドとレンタルサーバーがあるんですね。

私は全く迷いませんでしたが、どっちがいいのかなーと思っている方もいらっしゃると思うので比較してみました。

wordpress設置が、クラウドは1つ、レンタルサーバーは10個まで可能

これはつまり、レンサバだとブログやHPが10個まで作れるんですね。 初心者の私は複数のブログなんて管理できないのでクラウドを選択しました。

クラウドはメールアカウント無し、レンタルサーバーはメルアド作り放題

これはレンタルサーバーが便利ですね。 無制限で作れるのはすごい。

クラウドは月額500円(税抜)~、レンタルサーバーは1000円(税抜)~

クラウド、費用が安い!

表示速度も高速でこんなに安いのはすごいです。

レンサバは12カ月払いだと一月あたり1000円になります。

6か月払いだと1100円、毎月だと1200円ですね。

ブログを一つしか作らない私の場合、クラウドを選んだわけです。

逆に、2つ以上作るのならレンタルサーバーの方が良いことになります。

クラウドはwordpressを1つしか設置できないのでブログやサイトを2つ作りたかったら2つ契約しなければなりません。

クラウドはPV数に合わせてグレードアップできる

クラウドの500円プランは月30万PVまで快適に表示できるそうです。

こちらの表がわかりやすいです(クリックで拡大)

wpx比較

このグレードアップが一番決め手になりました。

PV数がどうなっても移転を考えなくて良いのですね。

当分、グレードA(500円のプラン)で良いだろうなというのが悲しいところですが(というかずっと500円で行けそう)

初心者の私にはブログの移転なんて考えただけで辛すぎます。

気がラクでいい!  

ただ表を細かく見ていくとレンタルサーバーより容量などが割高になっているのがわかります。

ディスク容量で言うと、レンタルサーバーの100GBは、クラウドで言うとなんと月額1万円のグレードEに相当します。

転送量(ここがどれだけのPV数に耐えられるかの勝負どころ)はグレードC(3000円)~グレードD(5000円)に相当しますね。

※レンタルサーバーの転送量は1日当たり、クラウドは一月あたりで表示されているので注意。

  転送量で言うと、レンタルサーバーは月150万PVぐらいに耐えられるのですね。

割安です。

ただ、このブログがグレードAからBになるのは相当先になると思うし(というか無理?)長い間500円で済むのは良いので私の場合はクラウドでよかったかなと思います。

  このPV数について調べていると、PVがグレードAの範囲であっても瞬間アクセスが多い場合はグレードを上げた方がいいみたいです。

それについて書いてあったサイト様が消えてしまったので貼れないですがトレンドサイト等、1度にアクセスが1000とか行くならグレードCかDにした方が良いそうで、その方はレンタルサーバーの方をオススメされていました。

でも、瞬間に1000のアクセスなんて、普通はなかなか出せません。

月10万ほどのpvでも、同時アクセスは1ケタで普通なので(経験談)

 WPXクラウドとレンタルサーバー、どっちを選べばいいのか、私なりの結論はこちら。

WPXクラウドを選ぶならこんな場合

・サイトを1つしか作らない

・なるべく安く済ませたい。でも表示速度は重要。

・月間300万PV行ったらどうしようとか、そんな夢を見ている。

・移転作業とかしたくない。

・専用メルアドは無くてもなんとかなる。

WPXレンタルサーバーを選ぶならこんな場合

・複数のサイトを作りたい

・複数とはいえ、まとめて安く作りたい

・合計で月間約150万PV以内に収まると思う。

・メルアドが欲しい。

クラウドとレンタルサーバー共通のオススメポイント

・表示速度が速い。

・管理画面が簡単。

・キャッシュの設定とかわからない初心者でもOK。

  まずは、どちらも14日間のお試しができるのでご利用になってみたらいかがでしょうか。

2016/8/17追記:wpxクラウドとwpxレンタルサーバーに独自SSLが追加されました!しかも無料で簡単です。途中からSSL化される場合は、バックアップを必ず取ってから行ってください。

 

以上です。

どなたかの参考になれば幸いです。

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

女性やお子様、自由なネットの世界にとってもかなり害のある表現規制 の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします!

-ネット関連

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.