生活ネタ

スパワールドで子供と宿泊してみた 料金や混雑具合、感想など【6月7月】

投稿日:2017年6月28日 更新日:

6月の某金曜日、小学2年の子供(女の子)と一緒にスパワールドに泊まってみました。

スパワールドにはホテルもありますが利用せず、館内のレストルームでの宿泊です。

料金や混み具合、感想など。

追記:日帰りですが7月の土曜日(15日)にも行ってきたので、その時の様子も追加しました。

スポンサーリンク

スパワールドとは

出典:スパワールド公式サイト

スパワールドは大阪の動物園前駅や新今宮駅から行ける、プールや温泉のある娯楽とリラクゼーション施設です。

数少ない屋内プールがあるので日焼けしたくない私は、プールといえばスパワールドか弁天町のプールズぐらいしか行きません。

温泉は和風なのとかギリシャっぽいのとかいろいろあって楽しいです。

別料金ですが岩盤浴やエステ、マッサージもあり健康ランドっぽい感じです。

 

館内では、ゆったりした館内着(女性は長いワンピースタイプ、男性はTシャツとズボン)を着て(着たくない人は私服でもいい)、飲食店などでは基本的にリストバンドで払うので財布など持ち歩く必要がなく、靴は履かないので裸足です。

現金が必要な場合は立替機にリストバンドをかざすとお金が出てきます。立替機はゲームセンターと更衣室にあります。

といっても現金が必要な場面はあまりなく、ゲーセンとマッサージチェアと、ところどころに置いてある丸いガムの自販機(?)ぐらいじゃないでしょうか。

飲み物の自動販売機もリストバンドで買えます。

 

健康ランドも同じタイプですが、行ったことがない人は「家以外の場所で裸足でウロウロ」するのは新鮮だと思います。

子供は初めて行った時からスパワールドが大のお気に入りです。

 

宿泊は、館内のレストルームで勝手に寝るパターンと、ホテルを取るパターンがあります。料金は後述。

用意する物

タオル、バスタオル、館内着、ドライヤーは借りられるので持参しなくてOK。

シャンプーやリンス、ボディーソープもあるので、こだわりがなければこれらも必要ないです。

化粧水、乳液、整髪料もよく知らないメーカーのものですが置いてありました。

プールには自動の空気入れが置いてあるので、空気入れも持って行かなくて大丈夫だと思います。

入口のシャワーの前に2本、屋内プールの奥にあるトイレ前に3本。

追記:7月に行った時は、空気入れにも5人ぐらい人が並んでいました。シャワー前よりトイレ前の方が狙い目だと思います。

 

プールに入るなら水着や浮き輪は持って行く必要があります。

レンタルもできますが、水着は600円、浮き輪は700円と微妙な値段。

水着はサイズはいろいろあるようですが、デザインはスクール水着みたいなやつ一です。持参した方が無難です。

おみやげ屋さんに水着や浮輪が売っているので、そこで買うという方法もあります。デザインもいろいろありました。

水着の上に履く短パンが4000円ぐらいしたので、特別安くはなさそうでした。

追記:7月に水着の値段をチェックしてみました。

女性用水着(三愛のもの)が6千円台で売っていてお得だと思いました。

男性用は2~4000円台で、こちらもけっこうお得ではないでしょうか。※割引率は時期によって変わるかもしれません

 

6月だったので外はそこそこ暑かったですが、館内はけっこう涼しいので寒がりの人は膝かけのようなものがあると良いと思います。

特に足元が冷えました。

「次は毛布を持って来よう」と子供が言っていました。

私は館内着の下に履く短いレギンスを持参していました。

冷えないし、変な寝相でも安心。

追記:7月に行った時は人も多かったこともあり、6月の時より寒くありませんでした。

私は冷え症なので、それでもちょっと寒かったですが。

ちなみに、飲食物は持ち込み禁止な様子。

ただ、館内でも普通に自動販売機があるのでペットボトルの飲み物ぐらいなら持ち込んだものと区別はつかないだろうなと思います。

まぁいちおう決まりなので持ち込まない方が良いと思いますが。

館内で買っても普通の自販機の値段とあまり変わらなかったように思います。

スポンサーリンク

混雑具合

6月の金曜日に子供の学校が終わってから行って、土曜日までいましたがどちらもさほど混んでいなかったです。むしろ空いている方だったと思います。

プールのウオータースライダーも並んでいる様子はなく、行けば乗れる感じでした。私は乗りませんでしたが。

私はとにかく、空いている娯楽施設が大好きです。

混んでいる巨大テーマパークより、空いている錆びれた遊園地の方が1億倍楽しいというタイプなので、スパワールドはぴったりでした。

とはいえこれから7月になりプールのシーズンになるともっと混むと思うので、行けるなら平日の方が良いかもしれません。

追記:7月の土曜日の混雑具合

7月の土曜日にもスパワールドに行ったところ、6月とはまるで違いました。

まず入館するのに長蛇の列

屋根があるのでそこまで暑くないのが救いでしたが、11時50分ごろに並んで、入館券が買えたのが12時33分でした。

43分ほど並んだ感じです。

13時ごろにプールを見に行ったら、当たり前ですが混雑していたのでゲーセンなどで時間をつぶして16時半になってからにプールに行きました。

が、それでもまだ混んでいましたねー。

17時頃、ウオータースライダーは「パニックトルネード」が100分待ち、「ぞくぞくバーン」が60分待ちでした。

18時過ぎに両方とも60分待ちになり、私がプールを出た20時までずっと60分待ちの表示が出ていました。

でも、見た感じは19時ぐらいから待ちの列が短くなっていたように思います。

プールも19時ぐらいから明らかに人が減りました(それでもじゅうぶん賑わっていましたが)

6月に行った時とは比較にならないぐらい人の多いプールでしたが、屋内プールは反時計回りに流れがあり、人が多い分流れが強くて「流れるプール」みたいで意外と楽しかったです。

それに、一定方向に流れがあると周りとそんなにぶつからないんですよね。

 

屋外にも小さめのプ―ルがあるのですがそちらは流れがなく、ただ座って喋っている人も多くて泳ぎにくかったです。

その分、ゆっくりするなら外のプールの方が良い感じです。

屋内プールより水温が高く「温泉!?」と思うぐらいでした。

6月ではプールサイドにあるお店は1か所しか開いていませんでしたがこの日は3~4か所開いていました。

 

ちなみに、プールは平日は19時まで、休日は22時までなんですが、7/15~8/26はオールナイト営業ということで翌朝5:00まで開いているとのこと。

混雑する時期ですが19時ぐらいからは人が減ってくるのでオススメです。

 

温泉に行ったのは21時を過ぎてからというのもあり、全然混雑している感じじゃなかったです。

飲食店はそれなりに混んでいましたが、お昼の12時ごろでも「人が多すぎて全然座れない!」というほどではありませんでした。

料金

スパワールドで宿泊する時の最低料金。

・初日の入館料

・深夜料金

・二日目の入館料

プールと温泉は入館料に含まれているので、基本的なことは入館料だけでできます。

では細かい料金を見ていきましょう。

初日の入館料 大人1200円 子供(12歳未満)1000円

※7月からは夏期料金となり、大人は土日祝のみ1500円に。

お盆など特別な時期も入館料が変わるので公式サイトでご確認ください

クーポンで多少安くすることはできます。

私がよく利用するのはHISのクーポンで、会員登録なしで印刷すれば使えるので一番ラクだからです。枚数限定なので早めにどうぞ。

HISクーポン(外部サイト)

割引は時期にもよりますが一人100円~200円といったところ。

今回も印刷したのですが、持って行くのを忘れてしまいました・・・。

追記:スパワールドの入館券は入口の券売機で買うのですが、クーポンを持っている場合は受付で買うことになります。

7月に行った時は券売機は混雑していましたが受付は空いていたのでその分ちょっと早く入れました。

深夜料金 午前0時~5時 大人、子供共通 1300円

午前0時からは深夜料金がかかります。

特に「0時を過ぎても居座りたいんですけど~」とか申請する必要もなく、勝手に居座ればいいです。

2日目の入館料 朝9時から必要

朝9時を過ぎても館内に残る場合は2日目の料金がかかります。

2日目にすぐ退館する場合は朝8時45分までに清算し、9時までに出るようにすれば、2日目の料金はかかりません。

清算の時間は館内放送で「8時45分までに清算してください」と流れていただけで、HPには「2日目の料金は9時から発生」としか書いていないので厳密ではないかもしれません。

 

2日目も続けて滞在する場合、いったん1日目に利用した料金を支払わないとリストバンドが使えなくなります。

2F(スパワールドの入り口と同じ階)で清算しましょう。

 

料金まとめ

初日入館料1200円(子供1000円)+深夜料金(1300円)+2日目入館料1200円(子供1000円) 合計

大人 3700円

子供 3300円

大人・子供合計 7000円

これが最低限必要な料金でした。

その他の料金

上記の最低料金だけでも楽しめますが、完全にそれだけというわけにはいかないと思います。

飲食代

飲食物は持ち込み禁止なので、お腹が空いたりしたら館内で食べます。

宿泊するのに飲まず食わずってわけにはいかないので、飲食代はかかるでしょう。

私は3Fのグルメコートやデザート売り場、温泉内にあるカフェを利用しました。

 

3Fグルメコート

・カツカレー 980円

・白湯ラーメン 720円

・シャカシャカポテト(マクドナルドのふるポテみたいな、味付きのフライドポテト) 450円

 

3Fデザート売り場(Oasisとかいう名前)

・ソフトクリーム 410円

・タピオカドリンク 480円

 

温泉内のカフェ

・棒付きの、なんかフルーツとか乗ったアイス 590円

・揚げもち 390円

 

値段のわかるものをいくつか挙げてみました。

外よりは若干高いような気がしますね。ソフトクリームが410円ですから。

自販機の料金ははっきり覚えていないんですが、瓶のコーラが160円だった気がします。

 

水は飲み放題です。3Fグルメコートにウオーターサーバーみたいなのがあるのと、温泉内とプールに水飲み場を確認。

ウオータースライダー

出典:スパワールド公式サイト

プールと言えばウオータースライダー。

すごい傾斜の「続・ぞくぞくバーン」と、150Mにもおよぶスライダーの「パニックトルネード」の2種類があります。

料金は各350円、もしくは両方とも乗り放題の1000円のフリーパスがあります。

身長115cm以上ということでうちの子供も乗れるんですが、怖がって乗ろうとしないので私は1回も乗ったことがないです。

 

あと、プールの一角に小学6年生以下を対象にした「スパプーキッズ」のコーナーがあります。

6年生以下の子供と保護者が入れます。

ここにすべり台タイプのスライダーがあって、700円で乗り放題です(料金がかかるのは子供のみ)

保護者は、子供と一緒に滑る場合のみ利用できます。

うちの子供はこれも怖がって滑ろうとしないので、私も滑れませんでした。ああ、滑りたかった。

岩盤浴

大きな岩盤浴があります。

小学生以上が利用可。

料金は平日800円、土日祝1000円です。

岩盤浴ってサウナみたいなもんなので、子供は行ってもしょうがないということで行ったことないです。

大人だけで行くなら良さそうです。

リラクゼーション

マッサージとかエステとかあります。

床屋さんもあって、1年ぐらい前になりますがたまたま髪を切りたい時だったので切ってもらったことがあります。

1080円とかなりお得です。

おばあちゃんみたいな人が切ってくれたんですが、上手で手早く、オシャレな感じにしてくれて評判が良かったです。

1080円だったと言うと驚かれる仕上がりでした。オススメです。

エステなどは店舗が多いので、料金はHPでご確認をどうぞ。

リラクゼーション(スパワールド公式サイト)

 

エステやマッサージ屋さんはスルーすればいいんですが、子供がやりたがって困るのがお魚セラピーです。

ドクターフィッシュという肌の角質なんかを食べてくれる魚です。

大きな入れ物の中にドクターフィッシュがたくさんいて、そこに足をつっこむという謎のセラピーです。

10分で1000円。けっこうします。うちの子供は毎回これをやりたがります。

 

3F(飲食店の階)のエレベーターを出てすぐ左側にあるので、子連れで行く場合はサッと右に行くと良いと思います。

KIDDY PARK

出典:スパワールド公式サイト

子供の遊び場。

ボールプールとかトランポリンとか、子供がいかにも好きそうな場所です。

料金は平日だと時間無制限で子供1人500円、保護者は無料。

土日祝や、お盆など特別な日は最初の1時間500円、以降30分ごとに250円です。

 

子供が2人以上の場合は、子供だけで遊んでくれるので良いと思います。

ただ、うちのように子供1人の場合は私が遊び相手をしなければいけないのでめっちゃ面倒くさい場所です。

トランポリンは大人が入っても楽しそうですが、トランポリンだけは大人は入れません

そのくせ、子供だけ預けることはできないので大人も必ず一緒にいなくてはいけません。

正直、私はここがめっちゃ苦手です。

過去に何度か利用したことがありますが、最近では行かないことにしています。

 

場所は4F。

4Fと6Fには温泉があり、どちらかが女湯でもう片方が男湯になります(毎月交代)

エレベーターを出て更衣室に行くまでの通路、左側にあります。更衣室は右側なのでKIDDYLANDに行きたくない場合は右側通路をダッシュしましょう。

4Fは温泉とKIDDYLAND、あとは一回300円のマッサージチェアぐらいしかなかったと思うので、用がない場合は降りない方が良さそうです。

追記:7月、時間をつぶすために久々にKIDDYLANDに行きました。

2年ぶりぐらいですが、この日は人が多くて賑やかで、また子供も成長したこともあり私が相手をしなくても勝手に夢中で遊んでいました。

これなら、たまには行ってあげてもいいかも。

ゲームセンター

スパワールド出入口のある2F、靴を預けるロッカー付近にあります。

スパワールドには何回も行っていますが、ここにゲーセンがあることに気付いたのは最近です。

子供は前から気付いていたみたいですが。

いろいろなUFOキャッチャーや太鼓の達人やエアーホッケーといったゲーム類があります。メダルゲームもあり。

 

私も子供もUFOキャッチャーが大好きなので、けっこう散財してしまいました。

ここではリストバンドでの支払いはできませんが、立替機というのが置いてありリストバンドをかざすと100円玉が出てきます。

立替機はゲーセンと更衣室にあります。

おみやげ屋さん

2Fにあります。

水着や浮輪も売っているので、買っていくこともできます。

ポテトチップスみたいな普通のお菓子とか、ご当地キーホルダーとかが売っている一般的なおみやげ屋です。

実際に払った金額

スパワールドに子供と二人で宿泊して、2日間楽しんできたわけですが、実際に払った金額を紹介したいと思います。

1日目(1日目~翌朝9時まで) 14,390円

2日目 6,810円

合計 21,200円

高くね!?

上の方にも書きましたが、最低金額は2人で7000円です。

それとは別に14,200円が飲食代やらゲーセンやらに消えてますね。

レシートを見たところ、ご飯代に3500円ぐらい使ってますね。(1日目夜+2日目朝、昼)

ソフトクリームやらタピオカドリンクといったスイーツ系に2400円も使っています。

2日目の15時半以降、1000円以上何かを買うとビンゴ大会に参加できるというイベントがあったので、わざわざビンゴのためだけにデザートを買ったのが響いています。

 

さらに、土日限定でプールにてアクアボールやアクアチューブをやっていました。

1人1回300円で、けっこう何度もやりました。

あとはお魚セラピー(15分1000円)やら、更衣室に置いてあったマッサージチェア(15分300円)やらゲーセンやら。

 

飲食代は仕方ないので、普通にプールや温泉で楽しむぶんには2人で行って2日間で1万5千円ぐらいあればいいかなと思います。

感想

異国の雰囲気

スパワールドには10年以上前から行っていますが(といっても数年に一回とかですが)昔と比べると外国人が増えたな~と思います。

「なんか外国人観光客多いな~」というレベルではないです。

 

店員も外国人です。

 

アジア系の人たちなのでほとんど見た目ではわからず、若干の言葉のイントネーションで気付きます。

皆さん日本語ペラペラなので日本人の店員さんと変わりませんが、すごく多いので驚きました。

今までは日帰りで、利用するお店はグルメコートぐらいだったので気が付きませんでした。

今回、様々なお店を利用してみて、外国人率の高さがわかりました。

 

とあるお店の場所がわからず、近くにいた店員さんに聞いたところ

店員A「えーと、そのお店は・・・ちょっと聞いてみますね。

○○○○○○(日本語じゃない言葉で他の店員さんに話しかける)」

店員B「○○○○○○(日本語ではない)」

店員A「そこの出口を出たところにあるみたいです。」

私「ありがとうございます(何語だったんだろう・・・)」

ということもありました。たぶん二人とも外国人だったんだろうな。

 

当然、お客さんも外国人率が高いので異国の地に来たような雰囲気を味わえて楽しかったです。

プールや温泉

出典:スパワールド公式サイト

プールや温泉は、はっきり言って公式サイトの写真で見る雰囲気より小さくてしょぼいです。

サイトの写真はかなり写りが良いと思っておいた方がいいです。

 

昔と比べると老朽化したなーとも思いますが、とはいえ炭酸のお風呂や足湯など様々なお風呂があって相変わらず楽しいし、貴重な屋内プールで日焼けしづらい。

若い時は友達とたまに行っていましたが毎回とても楽しかったです。

 

今回、久々に行って気になったのが、6Fの露天風呂からあべのハルカスが見えることです。

こちらから見えるということはあべのハルカスからどう見えているのか気になりました。あべのハルカス側で何か対策はされているのかな?

上に引用した露天風呂の写真は6Fのものですが、実際にはハルカスが見えます。

ハルカス自体が昔はなかったので何も見えなかったんですけどねー。

視線除けなのか、上にネットが張ってありました。

でもネットで視線除けになるのか?

気になったので露天風呂は早々に退散しました。そのへんの説明を公式サイトでもしてほしいですね。

 

6月は6Fが女湯だったのですが、月ごとに4Fと入れ替わります。

4Fにも露天風呂があるので、そちらは何も見えないといいなぁ。

追記:4Fの露天風呂も見てきました。

壁や屋根が増設されたようで、周りの建物から見えないように配慮されていました。

が、やっぱり場所によってはあべのハルカスや他の建物の屋上が見えたので気になる人はご注意。

6月?の土日限定で、プールでアクアボールとアクアチューブをやっていました。(1回5分で1人300円)

アクアボールは透明のでかいボールの中に人間が入って転がるやつで、チューブは・・・説明が難しいのですが筒状になっています。

プールの一部の狭いところでやっていましたがけっこう楽しかったです。

中はめっちゃ滑るので、アクアチューブで子供と一緒にバタバタ転びまくっていました。

アクアボールはビニール1枚なので、コケた拍子にプールサイドに子供が頭をぶつけないか心配で、なるべくプールの真ん中に移動させていました。

子供は大満足

うちの子供の喜びようを見るに、おそらくだいたいの子供はスパワールドが大好きになると思えてなりません。

館内では裸足で移動しますが、それだけでも子供にとってはかなり新鮮な体験になるようです。家以外の場所で裸足ってなかなかないですから。

さらにプールと、プールのように広い温泉。楽しくないはずはないと思います。

子供がはしゃぎすぎて、一緒にいる大人はヘトヘトになりやすいので注意。

本来スパワールドはゆったり過ごす場所だと思うのですが、子供がいると全然ゆっくりできません。

夜には「探検に行こうー!」とかいって、なんだかんだ夜中の2時ぐらいまでうろうろさせられました。

疲れた・・・。

気になるあれ

多くの人が裸足でいる場所、というと水虫に感染しないか気になる人もいるんじゃないでしょうか。

水虫の菌は皮膚に付いても定着するまで24~48時間かかると言われているので、私は最後に温泉に入ってから24時間以内にはお風呂に入ることにしています。

スパワールドに限らず、温泉や銭湯などに行く時は必ずこの決まりを守っています。

今でも水虫とは無縁。

レストルームに泊まるとこうなる

出典:スパワールド公式サイト

館内に泊まる場合、レストルームで寝ることになります。

レストルームは女湯と男湯の各更衣室内と、1Fにあります。

引用している写真のは更衣室内の様子です。

更衣室内のレストルームはこういうリクライニングのソファが並んでいるところと、マットが並んでいるところがあります。

マットはこんな感じ。

人間一人分ぐらいの長さのマットで、動かせる仕切りが付いています。

幅にはあまり余裕がないですが、長さはけっこう余裕があったので足が出るということは全然ありませんでした。

これが適当な間隔をあけて並んでいるので、あいているところに寝ます。

毛布は借りられます(一人一枚、レストルーム以外には持ち出し禁止)

特に寒くもなく寝られました。

 

子供がはしゃぎすぎて、レストルームに行ったのは夜中の2時ぐらいでした。

既に人がたくさん寝ていて、2つ連続で空いているところがなくて困りました。

しかし、集団で来ている人はマットをくっつけて寝ているので、そのぶん床のスペースは空いています。

空いたスペースにマットを持ってきて、子供と一緒に寝ることができました。

夜間は照明が消されて暗いのですが、朝の6時か6時半ぐらい?から間接照明が点いてちょっとまぶしかったです。

あと、何か音楽も流れ始めたり、館内放送があったりでけっこううるさくなりました。

携帯のアラームを鳴らす人がいたり、二つ折りの携帯電話をやたら開け閉めするギャルとかがいました。閉める時の音が何気にうるさい。

レストルームで寝る場合、早く起こされると思った方が良いですね。

でも眠かったので、なんだかんだ9時ぐらいまで寝ましたけど。

 

お金を支払うためのリストバンドやロッカーのカギが防犯的に心配だったので、寝る時は履いていたレギンスの中に入れていました。

 

レストルームは1Fにもあります。

1Fの方にはテレビなどはなく、マットだけが並んでいます。毛布は共通。

こちらも男女別々ですが、入口は1つです。

壁で区切られてはいますが、1つの入口からそれぞれのエリアに移動できます。

今回は子供が一緒なのでなんとなく更衣室内のレストルームの方にしましたが、カップルで来ている場合とかは1Fの方が良さそうですね。

 

特に気にするところがなければ1Fのレストルームの方がマットの数も多いし、朝に電気を点けられて眩しいということもなく、音楽も流れないと思うので良いと思います。

マットはどちらのレストルームでも共通ですが、仕切りがついているのは更衣室の方だけです。

1Fの方は部屋がとても広いので、仕切りがなくても周りとじゅうぶんな距離が取れそうでした。

 

ちなみに、朝の10時ぐらいまではほとんどのお店や温泉が閉まっているのでやることがありません。

居酒屋だけ朝6時半ぐらいから開いているので、朝ごはんを早く食べたい人はそちらへどうぞ。

 

2日目はいったん1日目の支払いをしないとリストバンドが使えなくなるので、起きたらまず2Fへ清算に行きましょう。

ホテルは取った方がいいの?

今回、レストルームに泊まりこんでみましたがホテルを取るという選択肢もあります。

ホテルはスパワールドと同じビル内にあります。

2日分の入館料が含まれていて、深夜料金もかかりません。ご飯はついていません。

スパワールドはいったん外に出ると再入場不可ですが、ホテルを取っていればチェックアウトするまでは出入り自由になります。

外にご飯を食べに行くこともできるんですね。

 

夏場など、混雑するシーズンではレストルームの場所が取れない可能性もあるのでホテルを取った方が安心してゆっくり眠れるというのもあると思います。

あとは、ホテルだと水着を干せるので乾かしやすいというメリットもあります。乾燥機とかは無いみたいですけど。

私は今回、プールは二日目のみだったので良かったんですが、もし二日連続でプールに入っていたら2日目は濡れたままの水着を着るはめになっていたと思います。

更衣室にドライヤーがあるので、それで乾かすという手もありますが(笑)

 

ホテルの料金はオフシーズンに早割で申し込めば1人5000円、それ以外だと1人7000円ぐらいが多かったように思います(ホテルに泊まったことはないけど、値段はチェックしていた)

二日分の入館料と深夜料金が含まれていることを考えるとなかなかお得ですね。

レストルームでの宿泊の場合、大人1人で2日間(2日分の入館料と深夜料金)で3700円ほど。

1300円プラスしただけでホテルに泊まれます。

 

ただ今見ると、これからは夏場なので早割はもう埋まっていますね。

夏場は少なくとも一人あたり7000円~と考えた方が良いと思います。

 

というわけでホテルのメリットは

・レストルームの場所取りを気にしなくていい

・ゆっくり眠れる

・水着が干せる

だと思います。

 

スパワールドは昔から好きな遊び場です。

興味のある人はどうぞ。

 

※料金など、2017年6月時点の情報を元にしています。

大きく変わることはないかと思いますが、気になる方は公式サイトでもご確認ください。

スパワールド公式サイト

 

おしまい。

-生活ネタ

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.