美容

トレチノイン&ハイドロキノン2クール目 シミが消えた!

投稿日:2018年9月2日 更新日:

小じわとシミが気になって始めたトレチノイン&ハイドロキノン療法、2クール目が終わりました。

1クール目はこちら↓

トレチノインとハイドロキノンはシワ&シミに効くのかやってみた【皮膚科】

効いたのかどうか、その経過や結果をどうぞ。

スポンサーリンク

開始前

2クール目開始前です。

シワは1クール目終了時と変化ない感じです。

目頭の上にある点状のシミ?2つも変化がないというか、実は2つあるうちの下の方は一度ほぼ消えたんですが復活したんですよ。

1クール目が終わった後、2週間ほど完全休薬期間を置いたんですが、その間に復活しました。

こういう点状のシミは難しいのかな。

  

前回の記事では、トレチノインを使った2週間のレポートでしたが、そのレポート終了時よりも下のシミは薄くなっています。

1クール目をおさらいすると

 

2週間 トレチノイン&ハイドロキノン

6週間 ハイドロキノンのみ

2週間 完全休薬

 

ハイドロキノンはトレチノインが終わった後も6週間塗っていたのでシミには効果があったようです。

しかし・・・。問題は上の矢印です。点状のシミみたいなのがありますよね。

それが以前より明らかに濃くなっています

ちなみに1クール目を始める前の最初の状態がこちら。

下のシミが今より濃いのは当然として、上の点状のシミは今より薄い・・・。

原因はおそらく、紫外線対策がまずかったんだと思います。

ハイドロキノンを塗った状態で紫外線にあたると、かえって濃くなってしまう可能性があるんだとか。

うーん、大変!

スポンサーリンク

トレチノインの濃度を下げた

2クール目は、トレチノインの濃度を0.1%から0.05%に下げてみました。

0.05%のトレチノインも0.1%とテクスチャーは同じ。

5gなんですが、なぜか10g用の容器に入っていたのでスペースが余っています。

値段が、0.1%は4000円でしたが0.05%は3000円でちょっと安くなりました。

ハイドロキノンは前と同じで5%の10g、3500円でした。

また、1クール目はトレチノインを気になる所だけ2週間塗ってましたが、2クール目は顔全体に1か月間塗りました。

1カ月でトレチノインがなくなったので終了。

なぜ濃度を下げたかというと、顔の皮剥けがなかなか不便だったからです。皮が剥けていると目立つし化粧ノリも悪いし・・・。

低濃度ならそんなに剥けないかなと予想。

2クール目レポ

2クール目はトレチノイン期間が1か月と長く、1クール目の記事のように1日ずつレポしていると長すぎるので、まとめて書きたいと思います。

2クール目の流れは

1か月 トレチノイン&ハイドロキノン

6週間 ハイドロキノンのみ

2週間 完全に休薬

でした。

2週間は普通に皮が剥ける

皮むけのアップ注意!

 

これは2日目の状態。鼻や頬がポロポロ剥けています。写っていませんが口の横も剥けています。

濃度を下げた意味は!?と愕然とするほど普通に皮剥けしました。

あまりに普通に剥けるので、乳液とトレチノインを1:1で混ぜて使ったりしましたがそれでも剥けました。

1クール目と違って顔全体にトレチノイン&ハイドロキノンを塗っていましたが、おでこやフェイスラインはほとんど剥けませんでした。

2週間が経つと頬や口の周りも剥けなくなりました。なぜか鼻だけはしつこく剥けましたが、それでも18日目ぐらいで全然剥けなくなりました。

かゆみや赤みは軽減

1クール目と違って、かゆみに悩まされることが少なかったです。

前髪が目の周りに当たっていたりすると痒くなりましたが、髪をなんとかしてさえすればわりと大丈夫でした。

元々頬に赤みのあるタイプなので、赤みは1クール目からそんなに気にしていませんでしたが、2クール目の方が少なかったと思います。

2クール目終了~結果~

2クール目が終了しました。

1カ月間トレチノイン&ハイドロキノンを塗った後、6週間ハイドロキノンのみ塗る期間があり、それも終了しました。

今は2週間の休薬期間中です。

上が2クール目開始前、下が2クール目終了時。

光の加減とかあるので変化がわかりにくいですが、実際、変化がありません

目頭の上の2つの点状のシミも、目の下のシワにも全然変化がありません。上下逆でも気付かないレベルです。なんで?

 

こちらは頬。点状のシミは多少薄くなったかな、という感じ。

下のシミですが、こちらは消えたと言っていいと思います。

いちおう、矢印を入れましたが「ここかな?」という目安でなんとなく入れただけでもはや場所がわかりません。

コンシーラーで消す手間がなくなりめっちゃ嬉しい!

まとめ

0.05%のトレチノインを1か月間、だとシワへの効果は弱い(というか全然ない)感じがしました。

トレチノインを扱っている病院のHPを見ていると、「シワには低濃度のトレチノインを3カ月間」と書いてあるところが多いです。

低濃度が何%のことを言っているのかわかりませんが、0.5%だともっと長く塗るか、むしろ0.1%に戻した方がいいのではと思います(1クール目は0.1%で効果を感じたので)

長く塗ろうとするとトレチノインを2個以上買う必要があり、ちょっと財布に厳しいので次回は0.1%に戻そうと思います。

 

シミについては、ホクロと見間違えるような点状のシミには効果が出にくく、もっと一般的な普通の大きさのあるシミには効果が高いと思いました。

ニキビができにくくなった

1クール目のトレチノイン終了から2クール目を始めるまで、ニキビ対策が欠かせませんでした。

ニキビができたらデュラック配合ゲルを塗って治してを繰り返していましたが、2クール目ではトレチノインを終了してもニキビがほとんどできませんでした。

理由は、おそらくトレチノインの耐性がちゃんとつくまで塗っていたからだと思います。

ニキビのことで病院に行った際、「トレチノインを塗るのをやめてもまだ効果が残っているせいで毛穴が詰まってニキビができる」と言われました。※前回記事参照

要はトレチノインの効果が中途半端に残っていたからニキビができたのです。

今回はトレチノインを1か月塗り続けたことで耐性がつき、効果がほぼ切れてから塗るのをやめたことでニキビができなかったんだと思います。

保湿力の高い乳液

2クール目で使っていた化粧水と乳液がこちら。

トレチノインを使っていると、化粧水はビタミンC誘導体が入っているものの方が良いということでトゥヴェールの薬用モイスチャーローション。

ビタミンC誘導体の中でも即効性が高いと言われるVCエチル配合です。

即効性が高いと聞いて、前に使っていたAPPSの化粧水はやめました。

ただ、肌にちょっとでも傷があると痛いです。まぁ、しみるのはビタミンC化粧水あるあるなので仕方ないかなと思います。

で、化粧水の後はケアセラの乳液を使っていましたが、こちらは断然オススメです。

トレチノインは乾燥しやすいので保湿が欠かせないのですが、本当にこの乳液は保湿力が高い。

最初は「こんなもんかなー」と普通に使っていましたが、もっと高級な乳液やクリームを試した時に(サンプルですが)「あれ、ケアセラの方が長時間しっとりするやん!」と気付きました。

お肌に合わない方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方はトレチノイン期間中にはぜひお試しになってはいかがでしょうか。

私はトレチノイン期間以外も普段ずっと使っています。安いし。

 

というわけで、一番気になっていたシミは消すことができました。

1クール目から換算すると約20週ってところですね。約5カ月です。

5カ月でシミが消える・・・が早いか遅いかは人それぞれだと思いますが、私は断然やってよかったと思います。

紫外線対策をちゃんとしないと逆に濃くなるので気を付けつつ、3クール目はトレチノインを0.1%に戻して始めたいと思います。

-美容

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2018 AllRights Reserved.