漫画人生

新人漫画家の執筆スケジュール ~描く速さ、担当さんの返事待ちetc~

投稿日:2016年5月16日 更新日:

本棚

新人漫画家はいったいどのようなスピードで原稿を描いているのか?

また、描いていく中で担当さんからの返事が遅いと不安になったり困ったりするのも「新人あるある」だと思いますが、そういう時どうしているのか?

出版社などによっても違うと思いますが、雑誌と携帯漫画を描いている私の場合をご紹介します。

スポンサーリンク

雑誌(依頼原稿)

私が描かせてもらっているのは隔月発売の増刊号での読み切り。

週刊だとどんな感じか全くわかりませんが、月刊とは大差ないんじゃないかと。

7月1日発売雑誌に描く場合

<前年の9月前後>

担当さんから「来年の○月と○月と7月と○月発売号に描いてね」といった感じで翌年1年分の依頼をいただけます。

ただ、新人になって初めの年はなかったですねー(汗)翌年の9月前後に初めてこのような依頼のされ方をしていただきました。

依頼してもらうまでは、勝手に描いて見てもらって、完成したら空いているところに載せてもらって・・・という流れ。

もうちょっと期待されている新人なら初年度から翌年度分を依頼されるのかな・・・。

 

<4月下旬~末頃>

ページ数、テーマの連絡をいただきます。

この時までぺージ数がわからないので、たとえ1月からヒマだからってさっさと描き始めることはできません。

読み切りのテーマも決まっていることが多く(上司と部下の話、とか)テーマに合わせてお話を考えます。

ここからプロットとキャラ表提出、ネーム、下描き、仕上げ、と進んでいきます。

 

<5月末>

締切。

納品は雑誌発売の約1か月前となっております。

月末が休日だと、それより前の平日になるので描くのが遅い私にはつらいです。

月末が休日だと毎回「ちくしょぉぉぉ!」と思います。

描くスピード

私のMAXスピードは

話の構想を考える:2日

プロットとキャラ表:合わせて1日

ちびネーム:2~3日

ネーム:10ページ/1日

下描き:4ページ/1日(背景込み)

ペン入れ:6ページ/1日

トーン:8ページ/1日

です。

※ちびネームとは、A4の紙を8ページ分ぐらいに区切ってだいたいの流れを描いたものです。

ちびネーム用紙DL(外部サイト)

 

月刊誌であればなんとかやっていける速さだと思っていただければいいと思います。

昔、持ち込みに行った時に編集さんに言われたのが

「24ページならネーム込みで3週間で仕上げるようにしてください。」

ということでした。

当時、16ページに一カ月半かかっていたので「早っ」と思いましたが、確かにそれぐらのペースは必要です。

私のMAXスピードだと24ページにネームから換算して16日ぐらいということになりますが、連日MAXは無理ですし、

ネームを描き始めるまでにも工程がありますし、担当さんからの返事待ちの時間もあるので、結局のところ全然早くないなーという感じ。

 

新人さんは、まずはページ数と同じ日数で仕上げることを目標にするのが良いと思います。

描くのが速いと言うのは間違いなく武器になります。

速くなりたい!

スポンサーリンク

雑誌(依頼されてない場合)

依頼されてなくてもプロットとキャラ表を描いて提出します。

「依頼してねーよ!」と突き返されたことはないです。

ちゃんと編集長さんにも回してもらえます。

完成したらどこか空いてる時に載せてもらったりで、完成しても載せてもらえず放置になったことはないです。

ただ、ネームの段階でどうにも修正点が多すぎてどうにもならず、自主的にボツにして別の新しいプロットとキャラ表を出したことはあります。

 

締切が決まってないので、依頼原稿より審査が厳しくダメ出しをガンガンされますが、それだけ勉強になることも多く、新人はどんどん描いて見てもらうべきだと思います。

1作に半年以上かかったこともありますが、時間がかかったぶん絵の出来栄えが良かったりします。

携帯漫画

携帯漫画(web漫画とも言う。雑誌には載せずいきなり配信になります)は基本的に依頼されたパターンのみです。

最初に一度だけ応募でお仕事をゲットしたことはありますが、そのレーベルは今はもうないので割愛です。

 

雑誌と違って前の年から依頼されたことはなく、納品日(月末)の3ケ月前~前月ごろ依頼されます。

携帯漫画は3回以上の連載というところばかりで、読み切りをやっている会社って今でも存在するのかな?という感じです。

 

会社によって月に20~24ページで、連載のテーマだけは決まっているパターンが多かったです。

「幼馴染と突然同居することに!」とかそんな感じです。

連載なので毎月プロットから仕上げまで・・・ということで雑誌とほぼ変わらないです。

「3回連載だから最初に3回分のプロットを出す」ということはなく、毎月提出していました。

 

お仕事依頼は新人にとってめちゃくちゃ嬉しいですが、複数社でお仕事を受けると締切が重複して新人のくせに目が回るほど忙しくなることがあるのでよく考えて依頼を受けましょう。

担当さんからの返事はいつもらえるのか?

新人漫画家にとっての悩ましい時間、「担当さんからの返事待ち」。

私はデビュー前に付いていただいた担当さんに

「3日経っても返事がなかったら連絡して」というありがたいお言葉をいただいたので、それを意識しています。

といっても、締切が決まっているお仕事で3日待つことはほぼありません。

翌日か遅くても2日後には返事をいただいています。ありがたや。

締切に余裕がある時で3日待った時は「ネームをご覧になっていただけたでしょうか・・・?」といった感じで恐る恐るメールします。

 

締切にまったく余裕がない時は翌日にメールしてしまったこともありますし、最初にネームなどを送る時に

「お忙しい時に大変申し訳ないのですが、お返事を早めにいただけると非常に助かります。」

とつけ加えさせてもらったり・・・。

 

問題は、原稿を依頼されていないのに勝手に描いた場合で、3日で催促するのは非常に気が引けます。

月曜日に送ったら金曜日にメールしてみたり、水曜日に送ったら翌週の月曜日にメールしてみたりといった感じです。

 

ちなみに原稿などをメールした時に「届きましたよ」と連絡をしてくださる担当さんは稀なので、送る時はプロット1つだけであってもファイル転送サービスを使います。

たいがいfirestorageです。

firestorage(外部サイト)

ダウンロードされた時に自動でメール通知が来る設定にできるので、「あ、ダウンロードしてくれた」とわかります。

ただ1度だけ、通知が来たのに担当さんが見てなかった時がありました笑

編集部の他のかたが間違えてダウンロードしたのでしょう。

 

 

以上です。

何かのご参考になれば幸いです。

 

☆☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆☆

漫画業界を衰退させ、女性や子供にも悪影響のある表現規制の危険性についても知っておいてください。

要チェックです。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.