生活ネタ

一戸建ての設計や土地選び、後悔した事&成功だった事

投稿日:2016年5月11日 更新日:

長いマンション暮らしから、小さいながら一戸建て暮らしになりました。

住んでみて初めてわかることも多く、後悔したこともあったり、逆に思ったより良かったこともあり。

これから家を選ぶかたには何らかのご参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

住んでみて後悔編

まずは後悔したことから。

窓に多いです。

トイレやお風呂の窓、もうちょっと低くしたらよかったなぁ

今までマンション暮らしだったのでトイレやお風呂に窓がなく、イメージがあまり湧きませんでした。

住んでみると、「座った時に目の前に窓があればよかったなぁ」と思いました。

窓には小物が置けるので便利というのもあります。

今の窓

窓の位置・今1

理想

窓の位置・理想

目の前に窓があれば気分も明るいし、物を置くのにも便利だし・・・。

トイレットペーパー取りやすいし・・・。ということです。

位置が低くなると採光が不利になるので、窓の大きさによっては上にもう一個窓を作った方がいいかもです。

 

同様に、お風呂も位置が低かったら良かったなぁと思います。

お風呂に浸かった時に目の前に窓があれば、日が沈む前にお風呂に入った時に気持ちいいだろうな~。

 

シャッター付きの窓しかない部屋は朝すごく暗い

普通あまりないと思いますが、大きなシャッター付きの窓が1つだけの部屋があります。

大きい窓だから一つでいいやーと思ってしまいましたが、夜はシャッターを閉めるので朝になっても光が入らず暗い!

シャッター閉めなきゃいいんですが、少しでも防犯したいので閉めます。

さらに、夜だけでもシャッターを閉めていると網戸に虫がくっつかないし、窓ガラスもキレイな状態が保ちやすくなります。

朝にはシャッターを開けますけど、部屋に入った時にまず「暗っ!」って思うのはちょっとイマイチです。

 

想像よりずっと危なかった窓

対策が取れるので後悔というのとはちょっと違いますが・・・。

テレビで、マンションのベランダからお子さんが転落して亡くなったというニュースを見ました。

ベランダに足場になるようなものを置いていたらしく、

「うちはベランダに何も置いていないから大丈夫だよね」と思っていたのですが、2階の窓を見ると

窓の下にBED!!!

安定した足場ぁぁぁあ!

こんな天国へ続く窓があったなんて怖すぎる!

というわけで、見栄えは悪いけどとりあえずの対策。

窓の柵2

(窓の外の景色を消しています)

家具の転倒防止をする棒です。

 

足が大きいので二本重ねればちょうどいいスペースで柵ができました。

ただのつっぱり棒の方が見た目が良いけれど、ゆるんで落ちたら余計に危ないかもしれないのでこれにしました。

ちゃんとした柵にしたいけど、まぁとりあえずはこれでいいやー。

 

2階の外開きの窓は開閉が怖い

横にガラガラって開閉する昔ながらの「引違い窓」はちょっと古風ということで、縦長の外開きの窓が人気だそうです。

細長いスリット窓や、縦滑り出し窓といった種類です。

縦滑り出し窓

引用元:縦すべり出し窓と横すべり出し窓 アミ戸の違い♪ http://ritu1219.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

細長いのはいいんですけど、横幅が60センチぐらいになると開け閉めの時に腕を外にグイッと伸ばさないといけないので、

2階でやると大人の私でもドキッとしてしまいます。

大人は身長が高いので余計に怖いと言うのもあると思います。

2階の外開き窓は30センチぐらいまでが良いなーと思いました。

ちなみに、このタイプの窓は引違い窓より密閉できて冬場に冷気が入りにくかったり、音が外に漏れにくいといったメリットはあるようです。

虫が多い場所だった様子

一戸建ては地面に近いので、虫が多いのは当たり前。

覚悟の上じゃないと一戸建ては住めません。

わかっていましたけど、場所によって、たとえ同じような田舎であっても虫の多さには差があるんですね。

それは知りませんでした・・・。

虫が多い以外は気に入ってるんですけど・・・。

 

旦那の実家は最寄り駅まで車で数十分かかるような場所ですが、そこよりうちの方が虫が多いようです。

私の家から少し歩いたところに川なのか池なのかわからないものがあるので、そのせいで虫が多いのではないかと。

旦那の実家の近くにも水路があったりするのだけれど、パッと周りを見ただけじゃわからない、いろいろな要因が重なって虫の多さが決まるようです。

昼間は見かけないけれど、夜になると急にユスリカという血を吸わない蚊が多く出てきます。

玄関灯は日が暮れればずっと点けておきたいけど、虫が寄ってくるので人の出入りがあるうちは点けられません・・・。

虫嫌いな人は、購入を検討している土地があったら

夜に見に行って近所の自動販売機や街灯の虫のたかり具合をチェックしましょう

これ絶対。

 

追記:2ヶ月ほど経つと一気に虫が減りました。ユスリカの大量発生時期はわりと限られていたようです。

玄関灯の虫対策と防犯対策をあらかじめ考えるべきだった

玄関灯は標準で付いていたのですが、これを虫が寄って来にくいものにするか、センサーライト(人が居る時だけ一時的に点灯する)にすべきだったかなと思います。

スイッチを入れればずっと点いているタイプは防犯性は高いですが、虫が多い場所には考えものだなー。

また、手動でスイッチを入れる方法だと旅行の時に点けられず「留守です!」と言っているようなものなので、設定した時間に自動で点くスイッチにしておくと便利だったと思います。

不動産屋さんに聞いてみると、スイッチの交換で1万5千円ほどとのこと。

家を建てる時に先に言っておけば、少なくとも今のスイッチが無駄にならない分もっと安くなったはずなので残念。

スポンサーリンク

住んでみて余計気に入っている編

後悔ばかりではないわけです。

収納が多い

前に住んでいた狭いマンションではいわゆる「片づけられない主婦」だった私ですが、一戸建てで収納を多く取った設計にしたら片づけが格段に簡単になりました。

お掃除スキルは大して変わっていないのに、家が変わっただけで普通の主婦になれました。

とりあえず出ているものは収納に入れて見えないようにして、たまーに収納の中を整理するだけでいつもスッキリ。

 

小さい家ですがリビングには階段下収納や、幅180×奥行き45(図面上)の収納があったり、キッチンにもパントリー(台所収納のこと)があったり、廊下収納があったり、とりあえず収納はできるだけ増やしたのですが大正解でした。

 

一戸建ては収納を取りやすいのが魅力です。

マンションの広告を見ていると「4LDK+WIC」とか書いてあって、WICって何?って思ったらウォークインクローゼットのことなんですね。

間取り表記にわざわざ組み込むほどWICというのは「売り」になるようです。

一戸建てだと作るのはわりと簡単!うちにもあります。

コンセント&電気のスイッチ増設

基本的なコンセントや電気のスイッチは元々付いていますが、設計士の人に「ここに増設した方が便利じゃないですか」と言われたところはだいたい増設しました。

結果、どれも増設してよかったなーと思うものばかりでした。

台所の流し台に付けたコンセントは、スマホを充電しつつYOUTUBEを流しながら料理するのに便利です(何やってんだか)

リビングには数か所コンセントがありますが、増設したところばかり使っています。

廊下が長いので廊下の電気スイッチを部屋の前に増やしたらどうかと言われて増やしたら、部屋に入る時についでに廊下の電気が消せるので便利でした。

 

スイッチの増設は1か所1万円ぐらいで、コンセントは1か所3千円程度でした。

ちなみに、通常コンセントは2口ですが、これを4口とか6口にすることもできます。

タコ足を使っているのと原理は変わらないそうですが、タコ足よりも見た目は良い感じです。

これは2口を4口に増やすのに600円ぐらいでやけに安かった覚えがあります。

私はなんとなくパソコンを繋ぐところを6口にしてみたのでタコ足要らずです。

ただ、タコ足がなくなって便利かというとよくわかりません。

インターホンのグレードアップをしておいてよかった

2階建てなので、2回でも来客に応答できるよう子機が付いているものにグレードアップしました。

子機付きのものはチャイムに付いているレンズが広角レンズになっていて、標準のものより広い範囲が見えるようにもなりました。

差額だけ払えばいいので、後から交換するより安く済みます。

2階に居ることが多いので子機を重宝しています。

差額は1万4千円ぐらい。

土地柄が良かった

虫は多いですが(笑)

昔からある閑静な住宅街で雰囲気も良く、近所づきあいは挨拶程度ですがみんな感じが良い人ばかりです。

公立中学校の評判がよいので、「ここの中学に通わせたいから」と引っ越してくるファミリーも多いそうです。

旦那はわりと昔から今住んでいる町のことを知っていて、良いところだと言っていたのですがその通りでした。

だったら虫が多いことも知っておいてほしかったですが(虫の話、しつこいですね)

町の評判は不動産屋さんに聞くとけっこう教えてくれました。

リビングを玄関側にしなくてよかった

最初に設計士の人がすすめてきた間取りは、玄関側にリビングがありました。

結局、別方向に変わったのですが玄関側にしなくて正解でした。

玄関側は前に道路があるので人の目がどうしても気になります(リビングが2階ならいいのですが)

今、玄関横の部屋はカーテンがほとんど閉めっぱなしです・・・。

通勤時間帯にカーテンを開けたら通行人と思いっきり目が合ってしまいました。

 

広ーい敷地だったり、高い塀があったりすれば全然OKなんでしょうけどねー。

なかなかそういうわけにもいきません。

うちは玄関の日当たりがあまり良くないのでちょうどよかったですが、玄関が最も日当たりの良い土地だと設計が難航したと思います。

 

開けっ放しでも安心な窓がすごく良い

また窓の話かよ、という感じですが・・・。

今までの長い集合住宅暮らしの中、なかなか窓を開けっ放しにすることができませんでした。

防犯意識が強い人は特に、侵入者が心配で開けられないと思います。

寝るときに窓を開けたままなんて、絶対にありえない!

 

というわけで「好きなだけ窓を開けたい、暑ければ寝る時も開けていたい」という願望があったので、開けていても安心できる窓を寝室に2か所作ることにしました。

なぜ2か所かと言うと、その方が風が通るからです。

防犯意識が高くても開けていられる窓・・・それは。

すごく横長&縦長!

具体的には、短い方の長さが15センチ以下になれば良いです。

長い方はいくらでも長くて大丈夫。

15センチ以下だと頭が入らないので侵入できないのです。

今、5月で暑かったり寒かったりしますが窓の開閉で寝る時の気温が調整できて快適!

1階にも15センチ以下の窓はありますが、1階はさすがになんとなく「子連れの窃盗団が来たらどうしよう」とか思ってしまうので(笑)気が向いた時しか開けません。

2階でも外出時はきっちり閉めてしまいます(とても心配性)

 

ちなみに、窓は「引き違い窓」「スリット窓」とかシリーズがあって、同じシリーズであれば大きさが違っても値段は同じでした。

縦長の窓の場合、縦の長さが30センチであろうが1メートルであろうが同じでした。

 

うちの場合、横長より縦長の方が採風に優れています。

なんせ横長の窓の方は、3センチぐらいしか開けられないのです。縦長は90度開けられます。

横長の窓メーカーはLIXIL、縦長はYKKです。

LIXILの15センチ窓はどれも3センチしか開かないのです。

90度開くのは26センチぐらいからだったかな?

家を建てた不動産屋さんが提携しているのはLIXILの方なので、YKKの窓を選ぶと通常より余分に2万円ぐらい高くなりました。

どこの窓メーカーと提携しているかで不動産屋を選ぶ人はいないと思いますが、LIXILとYKKならYKKが良いなと思いました・・・。

 

こういうLIXILの窓は、1つ3万円でした。

全く開かない採光のみのタイプであれば2万円。

窓はある程度の数は基本料金に入っていますが、オーバーすると追加料金になってしまうんですよねー。

細長い窓は採光に不利な分、数を多く付けたくなるのでオーバーしがちです(汗)

 

設備が新しい

築20年のマンションから引っ越した者としては、新築の設備が標準のままでも目新しくてしょうがないです。

標準で両面焼きグリル、標準で油の温度を設定できる、標準で食器洗い機、標準で浄水器、標準でお風呂のシャワーがなんか太い、標準でペアガラス、標準でトイレの便器がフチなし・・・と、どれも私にとっては新鮮ー!

 

長々と書いてきましたが、以上になります。

何かのご参考になれば幸いです!

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

幸せな生活を脅かす可能性のある、表現規制 の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします!

-生活ネタ

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.