ネット関連

2017年4月末、アドセンス審査合格!記事数や文字数、期間など詳しく解説

投稿日:2017年5月2日 更新日:

2017年4月の最終日、アドセンス審査合格の通知が届きました。

といっても私は既にアドセンスのアカウントを持っていまして、今回はとある私の身内が合格したのです。

私のブログのネタにしてもいいという条件で、記事を書く以外は準備など手伝っていました。

合格までずっと私がチェックしていたので、記事数や文字数、内容などどうやって合格したか解説したいと思います。

スポンサーリンク

審査が厳しくなっている

私がアカウントを取得したのは2014年。

その頃は記事が4~5本あれば良かったんですけど、今は無理なようです。

実は、去年の夏に私は自分でアカウントをもう1つ取得しようとして断念しています。

※個人事業や会社をやっていれば、一人で個人アカウントとビジネスアカウントの2つが取得できる

今回、身内を合格させられたのでまた自分でも再挑戦しようかと思っています。

スポンサーリンク

合格までの大まかな流れ

詳しくは後述するとして、まずは大まかな流れを。

今の時点では1次審査と2次審査に分かれておらず一本化されている様子。

 

3月中旬 

・googleのアカウントを作成

・独自ドメイン取得

・ブログ開設

・Googleアナリティクス登録

・Search Console(サーチコンソール)登録

 

4月1日

・アドセンス審査申込 記事数14

・<head>の後に指定のタグを貼りつけ

 

4月13日

・審査に落とされる(不十分なコンテンツ) 記事数18

 

4月19日

・アドセンス再審査申込 記事数21

・タグは最初の審査時に貼りつけたものをそのまま放置

 

4月30日

・審査通過 記事数23

ブログ開設から1か月半での審査合格となりました。

どうせなら5月に入ってから合格してほしかったです。

その方が「2017年5月に合格!」と言えて、より最新情報っぽくなったのに。

利用したブログ

現在は独自ドメインでしか審査をしてくれません。

なるべくお金を節約するため、サーバーは無料で独自ドメインが設定できるところが良いと思います。

無料ブログで独自ドメイン設定できるサービス一覧 2016年版(外部サイト)

こちらのサイトには載っていませんが、私はWordpressを使い慣れているのでWPblogにしてもらいました。使い方を教えられるので。

WPblog(外部サイト)

ここだとWordpressでブログが作れます。もちろん無料。

出費は独自ドメイン代だけで済みます。

WPblogには「スタードメイン管理」という項目があり、そこから独自ドメインを取得すると設定が簡単なのでおすすめです。

記事について

記事数

合格した時の記事数は審査申込時21本、合格時23本。

記事数は20本以上というのが目安になりそうです。

文字数

文字数は平均1205文字、最多で1727文字、最少で823文字です。

1000文字を目標に書いていたので、平均はもっと少ないかと思いました。

1000文字未満の記事は5本もあるので、厳密に毎回1000文字達成してなくても大丈夫なようです。

内容

ただの日記だと審査に通らないと言われています。

例えば何かバイトの経験があったら記事のタイトルを「○○の仕事内容、時給や大変さは?実体験をもとに詳しく解説」という風にして、なるべく役に立つ記事っぽく書くようにさせました。

子育て、仕事など経験から役に立ちそうなことを絞り出して書いていました。

記事のタイトルは20~30文字ぐらいを目安に。

画像

画像は、記事の最初にフリー素材を貼り、その画像をアイキャッチにも設定していました。

全てぱくたそからダウンロードするようにしていました。

ぱくたその画像はきれいでフリー素材だとわかりやすいので、Googleの審査員に「この画像は著作権違反じゃないだろうな?」と疑われなさそうなのが良いです。

人物画像は、露出が多い服装のものと男女の距離が近いものは念のため避けてもらいました。

カテゴリー

カテゴリーは3つ。

1つのカテゴリーが3記事以上になるように。

外部リンク

念のため外部リンクは貼らないようにしていました。

内部リンク

普通に使っていました。

他のアフィリエイトリンク

Amazonアソシエイトの審査に先に通ったので、利用したページがあります。

医薬品など規約にひっかかりそうなものは避け、無難な日用品のみです。

プライバシーポリシー

固定ページで作成。

書き方はこちらのサイトが参考になります。

【2017年2月版】アドセンスプライバシーポリシーテンプレート!コピペOK!(外部サイト)

コピペOKにしてくれていますが、Googleから「重複コンテンツ」とみなされる心配があるのでなるべくアレンジさせました。

サイトマップ

固定ページで作成。

プラグイン「PS Auto Sitemap」を使いました。

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方|サイトマップを自動生成するWordPressプラグイン

プライバシーポリシーとサイトマップは固定ページで作成しており、記事数には含まれていません。

問い合わせフォーム

設置していません。

プロフィール

サイドバーにプロフィールを設置。

住んでいる大まかな地域と名前(ニックネーム)、職業や趣味など簡単に書いていただけです。

更新頻度

1ヶ月半で記事が23本なので、2日に1本ぐらいのペースですね。

アクセス数(PV)

直近の30日間で、PVは100未満でした。

1日のPVが0の時も普通にあり、0~6という感じ。

気を付けたこと

規約を厳守する

規約は、念には念を入れて厳守するようにさせました。

規約についてはこちらの記事がわかりやすいのでおすすめです。

アドセンスの禁止事項一覧とその具体例~アカウント停止にならない適切掲載を心掛けよう(外部サイト)

妊娠や出産については私のこのブログでも普通に書いていますが、審査用ブログではやめた方がいいと思います。

芸能人の名前といった個人名も私がチェックして容赦なく削除しました。

出しても大丈夫だと書いてあるところもありますが念のためです。

「しぬ」という言葉は使わない(亡くなる、はOK)、「なぐる」は大丈夫だと思いますが念のため控えて(叩く、ならOK)、ちょっとでも危なっかしい単語は使いません。

※通常、googleの検索窓で予測変換が出る単語はOKだと言われています。例えば「旅行」と打てば「旅行 持ち物」といった予測変換が表示されます。NGな単語だとこれが出ません。

 

「不十分なコンテンツ」で審査に落とされたら記事を増やせばいいだけなので簡単ですが「ポリシーに準拠していないサイト」で落とされるとけっこう最悪です。

どこが規約違反なのかわからず疑心暗鬼にとらわれ、せっかく書いた記事を消しまくったり、消してもGoogleのインデックスに残っているので悩んだり(去年の私がそうでした)

ポリシーはしつこいぐらい気を付けましょう。

H2タグ、H3タグを必ず使う

H2タグは大きな見出し、H3タグはその次に大きな見出しです。

この記事だと「気を付けたこと」などがH2タグ、「規約を厳守する」「H2、H3タグを必ず使う」などがH3タグです。

Googleアナリティクスに登録

登録できるものには登録しておいた方が、Googleの審査員から見て「しっかり運営している」と感じるんじゃないでしょうか(単なる予想ですが)

Google Analytics(外部サイト)

登録後、ブログに解析タグを設置しないといけませんがWordpressならプラグインの「Google Analyticator」で簡単に設置できます。

【WordPress】Google Analytics用プラグイン“Google Analyticator”の初期設定方法解説(外部サイト)

Search Console(サーチコンソール)登録

サーチコンソールは絶対に登録しておいた方が良いと私は思います。

Search Console(外部サイト)

アナリティクスの解析タグの貼りつけが済んだ後だとスムーズに登録できます。

※解析タグを貼った直後だと無理で、10分は待つ必要がありました。

まずサーチコンソール用のサイトマップを作成し、サーチコンソールに登録します。

サイトマップはWordpressであればプラグインの「Google XML Sitemap」を使って作成するのが確実です。

こちらのサイトでプラグインの導入方法と、サーチコンソールへの登録方法が解説されています。

Google XML Sitemapの設定方法と使い方(外部サイト)

ただバージョンが4.0以降は動作がいまだに不安定なので、3.4.1にダウングレードした方が安心かもしれません。私もそうしています。

Google XML Sitemaps 4でエラーが出た!旧バージョンに戻す方法(外部サイト)

こちらのサイト↑の方法で、最初から旧バージョンをダウンロードしてWordpressにアップロードすることをおすすめします。

記事を更新するたびにインデックス登録をリクエスト

新しいブログはアクセス数が少ないのもあり、サーチコンソールにサイトマップを登録しただけではなかなかGoogleにインデックスされません。

そこで、記事を新しく公開したらすぐにサーチコンソールの「Fetch as Google」でインデックスを催促していました。

Fetch as Googleの使い方 [Search Console](外部サイト)

これをやっても即時にインデックスされるわけではなく2日ぐらいかかる時もありましたが、確実にインデックスされるので安心です。

ブログは見やすいレイアウトで

Googleの審査員に良い印象を与えるため、レイアウトも見やすくするようにしました。

といっても、ほとんどこのブログと同じレイアウトです。

ヘッダーメニューはカテゴリーとサイトマップ、サイドバーには検索窓とプロフィールといった感じです。

このブログと違うのは、審査用ブログではヘッダーメニューにプライバシーポリシーを入れてたところだけです。

審査期間

一度落とされた時は審査申込から12日後、合格の時は11日後でした。

PVが少ない割には早かったと思います。

2回とも1週間待った時点で審査のリクエストをしています。

返信はなかったですが効果はあると思います。

審査状況確認フォーム(外部サイト)

「お世話になっております、○○と申します。審査申込をさせていただいてから1週間が経過致しましたが、まだ結果のご報告をいただいておりません。お手数おかけいたしますが、審査の方よろしくお願いいたします」

というような内容で送れば良いです。

 

全部で1ヵ月半で審査に通りましたが、手伝うだけでもけっこう面倒でした。たぶんもう二度と手伝いません(笑)

 

以上です。

厳しいと言われるアドセンス審査ですが、もしかすると去年に比べると通りやすいのかもと思いました。

去年はだいぶ苦労して結局あきらめたので。

ご参考になれば幸いです。

-ネット関連

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.