漫画人生

才能ゼロで漫画家になるには。必要なこと7つ

投稿日:2014年5月5日 更新日:

マンガ家になりたい人は多く、狭き門だとか厳しいとか言われています。

でも本当のところはどうなのか?

絵もうまくないしストーリー作りもうまくないけど漫画の仕事をしている私が実感した「才能はないけどマンガ家になる方法」を大公開。

スポンサーリンク

基本的な描き方を知る

描き方を知らなければどうにもなりません。

絵がうまくてもイラストしか描けなければどうしようもないので。

ネットで調べてもいいですが、面倒なら本もおすすめ。

スポンサーリンク

ジャンルにこだわらない

才能があればこだわってもいいです。

でも、ここでは才能は全くナッシングという前提です。

「メジャー誌がいい」 「大手出版社がいい」とこだわっていると、自ら狭き門にしてしまいます。

目指しているジャンルや雑誌でデビューできそうになかったら、そこよりもマイナーな雑誌やジャンルをターゲットしましょう。

出版社は思っているよりたくさんあります。

媒体にもこだわらない

今は雑誌以外にも電子書籍というのがあり、携帯コミック等があります。

携帯やスマホ、パソコンから読めるようになっています。

雑誌掲載後に電子化というのも一般的ですが最初から電子というのも多いです。

ネットで検索すると普通に募集していたり。

雑誌はページ数が決まっていますがネットは無限なので、間口が広いです。

一般的には雑誌よりなんとなくランクが落ちる気がするかもしれませんが実際はギャラも良かったりしますし、最初はネットで修業を積んでそのうち絵がうまくなったら雑誌に挑戦するという選択肢もあります。

配信で人気が出たら雑誌からお声がかかることもあります。

配信したやつをそのまま雑誌に載せることもあります。

万年投稿者でいるより、たとえマイナーなところであってもプロとして活動した方がずっと良いです(と、前まで万年投稿者だった私が言ってみる)

メジャー誌の漫画賞って、担当編集者が付いてくれるような賞でも賞金3~5万ですよ。

30ページ描いてもその値段です。 小さい賞なら5千円も普通です。

30ページ描いても5万以下なんて、さすがに配信限定でもありえません。

メジャー誌の漫画賞への投稿は才能がある人にまかせときましょう。

 

追記:携帯漫画以外の穴場で、よくコンビニに売っている「実録!嫁姑問題」みたいな実話っぽい漫画雑誌も良いんじゃないかと思います(私は挑戦したことはないのですが)

こういう雑誌は背表紙に書いてある大元の出版社(実話系はぶんか社さんが多いかな?)ではなく、

雑誌内に別の出版社が書いてあってそこで募集しているパターンが多いです。

「投稿はこちら」みたいなのが雑誌の最後らへんに書いてあると思うので気になるかたはチェック。

※携帯漫画や実話系雑誌にもレベルの高い人はいくらでもいます。ただ、間口が広いのです。

そこそこの絵

やっぱり漫画ですから最低限の絵は必要です。

目安はメジャー誌で 「うーん、もっと絵がんばろうね」 と言われるぐらいです。

下手だけど読めなくもないレベル。

背景はド下手でも大丈夫です。

参考までに私が一番最初に携帯配信での仕事を取った時に、先方の会社に送ったサンプル(ひどすぎて嘔吐注意)

page

なんかもうアゴがとがりすぎだししゃくれてるし、ひどすぎてもう穴に埋まりたいです。

このレベルだとギャラも安くなりますが絵は描けばうまくなるのでそしたら別のところにまた応募すればいいです。

自力ではこれ以上うまくなれないと思ったら、このソフトを使えば良し。

選外から一気にデビュー!デジタル漫画の神ソフト2つ

ちなみに最初の仕事は16ページ5万円(しかもカラー原稿)、これは一回だけでその後すぐ雑誌に移動することができました。

原稿料の詳しい話は売れてない漫画家(私)の原稿料はこちら ~雑誌、携帯コミック~

にも書いてありますので参考にどうぞ。

そこそこの絵柄

自分では雑誌やジャンルにこだわってなくても、絵が古くさかったりするとどうしてもジャンルは限られてしまいます。

優れた絵柄の漫画家さんを練習でトレースするなりして描き方をつかめば絵柄の変更は可能です。

元々のクセが絶対に少しは出るので、似すぎることはないです。

※投稿する原稿用紙でトレースや模写はダメですが、練習では問題ないです。

描くスピード

上の4つはとりあえず漫画家になるために必要なことですが、これは漫画を本業としてやっていくために必要なことです。

私はこれが足りないので収入が少ないです。

下手でギャラが安めでも描くのが早ければどうにかなるんですが、遅いとどうにもなりません。

月24ページが最低ラインだと思います。描くのが遅いと本当に損ですし、早いとめっちゃ得です。

たくさん描けばその分うまくなりますしね・・・。

ストーリーはどうすればいい?

マンガ家になるにはストーリーよりも絵がとにかく大事なことは間違いないです。

とはいえストーリーが全く作れないのは困ります。

マンガ家になりたい人は今まで漫画をたくさん読んできたと思うので、読み切りだと「途中で一回ピンチにすればいいんだな」とかわかると思います。

んなもん知らないという人は一度意識して読み切りを読んでみましょう。

基本的なことがわかればあとは担当編集さんに言われたことを守っていればなんとかなるかと(笑)

いちおうストーリーについて勉強したいと言う人は本を一冊読んでみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

他にも漫画家になるのに役立ちそうな記事を書いておりますのでよかったらそちらもどうぞ。

絶対無理!評価にコレを書かれたら漫画家になれない

漫画の背景を簡単に描くには ~3D,写真トレースetc~

私が漫画になるまでの長すぎる軌跡が見れる記事はこちら。持ち込みを考えている人の参考にもなる・・・かもしれない。

漫画の持ち込みがきっかけで漫画家になれた話 投稿歴、画像も有り

 

☆☆☆最後まで読んでくれていただきありがとうございます☆☆☆

漫画家になれるのは、日本の漫画文化が繁栄してるからこそ。

この漫画文化を衰退させてしまう、表現規制 の危険性についても知っておいてください。

衰退するともう、トップレベルの人しか生き残れませんよ・・・。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.