子供の病気・心配事

うちの子供は場面緘黙症?と思ったら相談・治療できる施設一覧

投稿日:2016年2月12日 更新日:

子供と水風船

場面緘黙症(選択性緘黙)に関する記事一覧はこちら

 

今まで場面緘黙症の記事を書いてきて、幸いなことに情報提供をいただけることもあります。

これまでの記事では不十分だった「場面緘黙症の相談・治療ができる施設」の情報をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

最初に相談する場所

場面緘黙症を考えた場合、まず必要なのは原因を探ることです。

場面緘黙の研究によると、場面緘黙症児の75%が言葉の遅れなどの別の問題を抱えているとあります。

最新の緘黙研究、『選択性緘黙への治療』を読んで(その3)(外部サイト)

言葉や発達の遅れが原因にあるのであれば、まずはそちらの治療を行うことになると思います。

 

そこで必要になってくるのが発達検査になります。

まずは場面緘黙に詳しいかどうかではなく、発達に詳しい施設を探すことになります。

通常、病院になると思います。

 

発達検査ができる病院に行く方法としては

・保健センターや児童相談所で、発達検査ができる良い病院を紹介してもらう

・発達検査ができる病院を自分で調べ、かかりつけの医院で紹介状を書いてもらう

・病院を調べて直接電話をして予約を取る

以上のいずれかになると思います。

まずは保健センターや児童相談所に聞いてみてください。

うちの場合は保健センターが病院の紹介業務をしていなかったので自分で調べました。

場面緘黙を診てくれる病院の予約をしてみた。まずはかかりつけ医に

ネットでは「保健センターに病院を紹介してもらった」という書き込みもあるので、地域によるのだと思います。

スポンサーリンク

治療・療育

発達検査で言葉の遅れ等、他の問題が見つかればそちらの治療が先決になると思いますが全く問題が無かったり、他の治療と並行して場面緘黙の治療が必要な場合は

緘黙の療育ができる施設を探すことになります。

症状により利用できるかどうかは変わってきますので、一度問い合わせてみてください。

場面緘黙に詳しい病院

私が住んでいる地域から通える病院に電話をして聞いてみましたが、場面緘黙の治療ができる病院はありませんでした。

場面緘黙は完全に病院の対象外かと思っていましたが、このような病院もあると教えていただきました。

あいち小児保健医療総合センター(外部サイト)

診療理念

全国でも数が少ない、子どもの心の問題の治療を行う専門医療機関として、他の医療機関では対応が困難な問題に対して取り組んでいきたいと考えています。

不登校などの子供の問題に取り組んでいる数少ない病院で愛知県にありますが、遠くても行く価値があると思います。

場面緘黙も診ているようです。

『選択性緘黙への治療』の調査対象は、2001年~2010年までの9年間に、あいち小児保健医療センター診療科を受診し、選択性緘黙の診断を受けた89名(男児35名、女児54名)の子どもたち。母集団が89名というのは、緘黙研究では規模が大きい方だと思います。

引用元:最新の緘黙研究、『選択性緘黙への治療』を読んで(その2)(外部サイト)

うちも夏休み等を利用して行ってみようと思います。

療育センター

各地域にある療育センター(発達支援センター)です。

問い合わせてみたことがありますが、発達に何らかの遅れがないと療育は受けられないと言われました。

情緒障害児短期治療施設

情緒障害児短期治療施設(児童心理治療施設)ネットワーク(外部サイト)

心理的問題を抱えた子供の治療を行う施設で、宿泊して行う場合と通いの場合があるそうです。

治療対象に「場面緘黙」も入っており子供の集団生活ができるということで最適なように見えますが

虐待関係で入所する児童が多く緘黙の子は少ないのではという見方があるようです。

不登校も多いそうなので、緘黙から不登校になるケースには利用できそうです。

場面緘黙症Journal-情緒障害児短期治療施設(外部サイト)

児童相談所が必要と認めた場合に入所ができるということなので、まずは児童相談所に相談してみることが必要です。

全国の情緒障害児短期治療施設(児童心理治療施設)(外部サイト)

児童相談所

児童相談所でも場面緘黙の治療ができるところがあるという情報提供をいただきました(ありがとうございます^^)

児童精神科医が配備されている相談所に限られるかもしれません。

全国児童相談所一覧(外部サイト)

心理教育センター

発達検査で問題がなく、集団生活でもなんとかやっていける場合、保健センターや療育センターに相談しても相手にされなかったのですが

この心理教育センターでは療育ができるのでうちの子供も通っています。

病院に併設されている場合と、大学に入っている場合があります。

場面緘黙症治療のことで心理センターに行ってきた~大学編~

子供の発達検査の結果が出ました【場面緘黙症】

 

現在うちの子供が行っているのは大学の心理教育センターでの遊戯療法(プレイセラピー)のみです。

母親である私のカウンセリングもあり、子供の幼稚園生活も徐々にうまくいくようになっているので今は心理教育センターだけでも大丈夫かと思っています。

小学校に入り、別の問題が出てきたら情緒障害児短期治療施設といった他の療育施設も検討したいと思っています。

その他:民間の場面緘黙症への支援

申込期間は終わってしまったのですが、京都西山短期大学で「緊張や不安の強い子どもへのワークショップ」という場面緘黙症の症状改善を目指したプログラムが実施されているようです。

追記:再びプログラムが開催されるそうです。ご参加可能な方はぜひ。

平成28年度 緊張や不安の強い子どもへのワークショップ参加者募集について(外部サイト)

京都西山短期大学(外部サイト)

その他、場面緘黙症に関する著書の出版や様々な情報提供をされている任意団体さんもあります。

かんもくネット(外部サイト)

 

以上です。

ご参考になれば幸いです。

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

女性やお子様にとって害のある、表現規制 の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします!

-子供の病気・心配事
-

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.