子育て情報

5歳まで授乳しているとこうなる 卒乳までのあれこれ

投稿日:2016年1月5日 更新日:

2歳まで、3歳まで、4歳まで・・・と思っているうちに5歳の終わりごろまで断乳せず母乳をあげていました。

今はもう卒乳しています。

虫歯、母乳の効果、卒乳について等よくある疑問の答えがここにある(かもしれない)ので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

卒乳までの流れ

生後すぐ~2歳

朝も昼も夜も夜中もほぼ3時間おきという新生児の授乳ペースを普通にキープ

3歳

外では飲まなくなる。

家では相変わらず。

4歳

昼間はほぼ飲まなくなり、寝る前(飲みながら寝る)と、夜中に数回起きて飲む。

5歳

寝る前だけ。

ついに夜中に起こされることがなくなる。

5歳の終わりに卒乳。

卒乳のきっかけはすぐ下に後述。

スポンサーリンク

長期授乳の疑問に答える

誰かに聞かれたわけじゃないですが(笑)なんとなく質問形式で。

卒乳のきっかけは?

5歳の終わりに歯医者さんで「夜、歯磨きした後は飲むのやめようね」と言われました。

それまでも言われたことはあったのですが、子供なので本人より親(私)が言われていましたが、初めて子供本人が言われました。

私から子供に言っても猛烈拒否されていたのですが、お医者さんに直接言われて本人も何か思うところがあったのか、それから「飲みながら寝る」という習慣をやめました。

1週間ぐらいは歯磨きの前に飲んだり飲まなかったりしていましたが、その後は歯磨き前にも飲まなくなりました。

5歳になってからは寝る前しか飲んでいなかったので、ちょうど良いタイミングだったようです。

なんで断乳しなかったの?

うちの子供は寂しがり屋で母親とべったりなタイプで、無理に断乳するとダメージが大きそうだったからです。

これはべつに授乳のせいでそういう性格になったのではなく、元々だと思います。

人見知りも生後3ケ月からと早めでした。

特に意識しなくても母乳より離乳食を好んで食べる赤ちゃんもいるのに、うちの子供は全くその傾向がありませんでした。

幼稚園では引っ込み事案なので心理センターに通っているのですが、そこでの心理テストで「母親をとても求めている」なんていう結果も出たりしました。

子供の発達検査の結果が出ました【場面緘黙症】(過去記事)

 

1歳のうちに断乳したという人は「断乳前から寝る前しか飲まなくなってた」というパターンばかりで、うちのように新生児ペースをキープしている子とは全然違うようでした。

断乳して大丈夫な子と大丈夫じゃない子がいると私は思います。

離乳食を食べないのでは?

6か月の時に一度離乳食に挑戦しましたが、全く食べず。

アレルギーのこと等を調べているうちに、離乳食はもっと遅くても大丈夫ということを知り、1歳まで延期。

少食で、おかゆなら子供用の茶わんの半分も食べれば良い方でした。

 

1歳半検診の時、体重の伸びがゆるやかなので2歳の時に追加で体重測定がありました(本来、2歳検診はない)

やっぱり体重の増えは少なめでしたが、ちょっとは増えているし元気ということで大丈夫と言われました。

 

少食でも母乳をしっかり飲んでいれば大丈夫のようですが、完全に母乳だけだとビタミンKが不足しがちなので離乳食で緑黄色野菜をあげたりママ自身も納豆を食べると良いみたいです。

母乳育児ナビ(外部サイト)

母乳の出が悪くなっていても困るので、体調や体重はちゃんとチェックした方がいいですね。

夜泣きするんじゃない?

夜中に数回泣き出しますが、寝ながら授乳(添い乳)をすればすぐ寝るのでそんなに苦じゃなかったです。

0歳の頃(寝返りが自由にできるようになるまで)は添い乳の最中に母親が寝てしまうと窒息の危険があるのでいちいち起き上がって授乳しててかなりつらかったですが、大きくなると添い乳ができるので楽なもんです。

慣れもありますし。

朝まで起きずに寝てくれるようになったのは5歳になったぐらいなので、今思うと長かったなー。

夜だけ断乳するという方法もあるので、どうしても夜中の授乳がつらいという方は試してみては。

夜泣き対策には夜間断乳がオススメ!1時間おきから7時間連続(外部サイト)

虫歯になりやすいと聞くけど?

「寝る前や夜中に授乳をすると虫歯になるからやめなさい」と歯医者でよく言われました。

実際はどうなのでしょうか。

 

・母乳だけ

・砂糖だけ

・母乳と砂糖

に歯をそれぞれ浸けておくとどうなるかという実験がありました。

ちゃんとしたWEBサイトがあったはずなのですが現在は見つけられなかったので、結果を紹介していたブログがあったので紹介させていただきます。

どうして虫歯になるの?その2 (外部サイト)

結果は、母乳だけでは虫歯にはなりませんでした。

しかし、「母乳と砂糖」が最も虫歯になっていました。

 

つまり、母乳だけだと虫歯にならないけど、そこへ砂糖が加わると、砂糖だけよりもさらに虫歯になりやすくなるということです。

砂糖をセットにしないために寝る前にきれいに歯磨きをする必要があります。

 

歯磨きはけっこう大変です。

自分で歯磨きするのと感覚が違うし、子供も歯磨きに時間をかけるのを嫌がります。

泣いてもとにかく心を鬼にして歯磨きをしないといけません。

通っている歯医者さん曰く、乳歯だから生え換わると言っても虫歯を放置すると歯並び等に影響し、最悪の場合は永久歯が将来早く(30代とかで)抜けてしまうこともあるようです。

 

歯磨きを頑張り、歯医者の検診に1~2カ月に一回は行っています。

それでも虫歯が見つかることもあったので、一番気を付けなければいけないのは虫歯だと思います。

虫歯以外で気をつけることは?

やっぱりタバコやアルコールですね。

体重50kgのママであれば350mlの缶ビール1本またはワイングラス1杯は許容範囲と考えます。またお酒を飲んだ後、30~90分で母乳中のアルコールは頂点に達し、缶ビール1本であれば2時間半で体から抜けていきます。その時間は授乳を控えるといいでしょう。

引用元:授乳中の食生活(外部サイト)

カフェインも摂りすぎないように。

私はタバコもお酒もコーヒー類も好きじゃないので苦ではなかったです。

薬は一般的なものなら2~3歳ぐらいになるとお医者さんにも

「授乳中なの?じゃあ薬はだめか・・・え、もう2歳?じゃあ大丈夫だね」と言われました。

痛み止めのロキソニンや、胃痛のタケプロン30なんかは時々飲んでました。

2歳の時に歯のホワイトニングを断られたのが最後です(その後もホワイトニングしていません。そろそろ行こう)

とはいえ、薬を飲む際は念のため大丈夫か確認してくださいね。

そもそも、そんなに長く母乳は出るの?

最初の頃のようにいっぱいは出ませんが、それなりに出ていたようです。

「出ないー」と怒られることもありましたが、お風呂にゆっくり浸かると出が少しは良くなるみたいです。

モンゴルでは末っ子は大人になっても母乳を飲むとテレビでやっていましたし、飲む子供がいれば出るのではないでしょうか。

もちろん個人差はあると思います。

周りから変に思われない?

今は2歳ぐらいまでの授乳は珍しくないですし、3歳になれば自然と外では飲まなくなりました。

なので、べつに変な目で見られたことはないですね。

わざわざ「うちの子、まだおっぱい飲んでるの~」なんて言う場合、相手は理解のある親しい人だけなので白い眼で見られるとか全然なかったです(笑)

 

授乳室に2歳の子を連れて入ったら、0歳児のお母さんは「え?」って思うかもしれませんね。

でも、母親って自分の子より少しでも大きい子がおっぱいを飲んでると違和感を感じるものです。

私は子供が生後1か月の時、9カ月の子がおっぱいを飲んでいるのを見ても違和感ありましたから(笑)

そういうものですので、気にしてもキリがありません。

生理が再開しない?

授乳をしていると生理が再開しずらいというのはあると思います。

個人差はありますが、私は10カ月かかりました。

母乳をあげてると太らない?

いっぱい食べても太らない!むしろ痩せる!

しかし、効果は半年~8か月ぐらいだったかな・・・。

子供が1歳になる頃には6キロ太ってました。

半年過ぎたら食べる量を元に戻すべきでした。

調子に乗って食べ過ぎた・・・。

胸の形が崩れそう・・・

崩れるというよりは、しぼむ。

母乳には皮下脂肪が含まれているので、胸の脂肪を持っていかれるんですよね。

1~2サイズは小さくなったかな(泣)

中学生とかになっても飲んでたらどうしよう

地元の保健センターで「中学生になっても飲んでる子もいるので、小さいうちにやめておいた方がいいですよ」と言われて衝撃でした。

このまま卒乳できなかったら・・・と不安になりました。

でも、本人も「他の子はもうおっぱい飲んでないんだな」とわかっていたようですし、私も「何歳になったらおっぱい卒業する?」と聞いたりもしていました。

「5歳になったらやめる」と言っていたのにやめられなかったですが・・・。

なんとなく家庭で「そろそろ卒乳した方がいいのでは」という空気があればいずれ卒乳できると感じます。

モンゴルの子がずっと飲み続けるのは、きっと「末っ子はずっと飲むもの」と教えられてるからでしょう。

長く授乳をしていて良かったことは?

母乳は心の安定剤と言われる通り、どんなに機嫌が悪くなっても泣きわめいても、おっぱいを飲めば元気になってくれました。

ギャーギャー泣いて手がつけられないような状況でも、「おっぱいー!」と言い出せば一件落着で、もし母乳がなかったら大変だっただろうなとよく思いました。

まあ、おっぱいがなくてもギュッと抱きしめるなどして落ち着かせることも可能ですが。

名医直伝!子供の癇癪への対処法と、最高の褒め方

 

卒乳した今は6歳で、手がつけられないような状況になることも少なくなりました。

大変な時期にずっとおっぱいがあったのはよかったです。

 

また、ゆっくりとしたママと子の時間が持てて嬉しかったです。

指しゃぶりは全くしたことがないし、授乳中は鼻呼吸しかできないので口呼吸の癖がついたりする心配もなかったです。

 

そして、添い乳は寝かしつけに最適でした。

飲んでいると喋れないし、ある程度じっとしていなければならないので、完全に寝る体勢が整うんですよね。

すぐ寝てくれました。

 

母乳はかなりの便利グッズ!?

後悔していることはない?

虫歯を防ぎきれない時があったこと。

それと、5歳の初め頃に寝る前のおっぱいを「いらない」と言われたことがありました(2日連続)

あれがおそらく、本当の卒乳のタイミングだったと思います。

しかし、私は「もし再び飲むとか言われたらどうしよう?これ以上飲まないと母乳が枯れるんですけど?」

と思ってしまい、

「そろそろおっぱい出なくなっちゃうけどいい?」

と、これ以上ないぐらい余計なことを言ってしまったので、また復活させてしまいました(泣)

卒乳後の変化は?

今は6歳ですが、そんなに変化はないように思います。

添い乳がなくなって寝かしつけに以前より時間がかかるようになり(30分とか)

「もう喋るのやめなさい!おやすみ!」って毎日何度も言ってます。

寝る前の何気ない会話も増えてしまって楽しいやら疲れるやら。

 

以上が私の長い授乳ライフでした。

長いな~(授乳期間も文章も)

何かのご参考になれば幸いです。

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

女性やお子様にとって害のある、表現規制 の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします!

-子育て情報

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.