健康

しつこい胃痛に唯一効いた薬「タケプロン30」 処方薬はやっぱり違う

投稿日:2015年5月7日 更新日:

昔から度々胃の痛みに悩まされていましたが、市販薬を買っても全く効かず。

ようやく病院で効く薬を見つけました。

市販薬は保険がきかないし、効果がないと本当にお金のムダですからもっと早く病院に行っておけばよかった。

胃痛に困っているけど良い薬が見つかっていないという方のご参考に。

スポンサーリンク

私の胃痛の原因はピロリ菌による慢性胃炎と胃潰瘍

もうピロリ菌は除菌しましたが、長い間感染していたので除菌から1年経った今も胃痛が出ることがあります(頻度は減りましたが)

胃潰瘍患者の7~9割にピロリ菌が見つかるとのデータもあるので検査してみるのもオススメします。

参考:胃粘膜に穴 胃潰瘍の恐怖(外部サイト)

ピロリ菌除菌した時の記事はこちら。胃カメラはもうやりたくないんだけどな・・・。

ピロリ菌 除菌体験記~費用、検査、鼻から胃カメラ~

スポンサーリンク

今までに試したけど効かなかった薬

・ガスター10

・ブスコパン

・漢方胃腸薬

という感じの市販薬ですが、私にはもうびっくりするほど効果がなかったです。

処方薬の中でも最も強い薬

胃痛があったので病院に行き、 「明日出かける用事があるのでとにかく一番強い薬をください」 と言ってもらったのがこの薬たち。

胃痛の薬

ムコスタ錠(左)マグラックス(真ん中)タケプロン30(右)  

「一番強い薬」というのは右のタケプロン30です。

マグラックスは便秘薬としても使われます(胃酸を中和する作用もあります)

ムコスタは胃粘膜保護、修復の作用があります。

タケプロン30は胃酸の分泌を強く押さえるので、胃酸が潰瘍に当たって痛むのを防いでくれます(効果がすごい。10分ぐらいでスッとおさまる) それぞれ一回一錠です。  

タケプロンは一日一回しか飲めませんが(それ以外は1日三回) その分、効果が持続します。  

ムコスタとマグラックスは補助的なもので、タケプロン30だけでじゅうぶん効きます。

2015/9/28追記→体感ですが、タケプロンを飲んでから10分ぐらいでいいので横になると効きの早さがだいぶ良いと感じました。

今まではいつも家で飲んでいたので全然気付かなかったのですが、先日に外出先で飲んだ時に横になれず、効いてくるのに時間がかかって焦りました。

なので、なるべく家でゆっくりできる間に飲むのがおすすめです。

副作用

大事なことなので書いておきます。

タケプロン30

主な副作用として、発疹、かゆみ、便秘、下痢、口渇、腹部膨満感、頭痛、眠気、発熱、女性化乳房などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

引用元・詳しくはこちら  

 

マグラックス

主な副作用として、下痢などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

引用元・詳しくはこちら

 

  ムコスタ

主な副作用として、発疹、かゆみ、薬疹様湿疹などの過敏症状、蕁麻疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

引用元・詳しくはこちら  

 

処方薬なので乱用の心配はないと思いますが、お医者さんに説明を聞いて適切に使用してください。

胃痛はつらいので、よく効く薬を把握しておくとめちゃくちゃ便利です。

私はとても助かりました。 早く病院に行くべきですね・・・。

私はこれから胃痛の原因を根本的に治すため慢性胃炎の治療をしようと思ってます。

忙しい時はタケプロンで痛みをコントロールし、時間ができたら胃カメラを飲むなりして(ツラいですが・・・)根本的に治していくのが良いですね。

 

  以上です。

何かの参考になれば幸いです。

 

  ☆☆☆最後まで読んでいただきましてありがとうございます☆☆☆

表現規制の危険性についても知っておいてください。 要チェックです。

-健康

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.