漫画人生

携帯コミック(電子書籍)配信印税の実際の金額。新人だとこれぐらいだった

投稿日:2014年5月19日 更新日:

配信の仕事から漫画の仕事を始める人も多くなった昨今、印税ではどれぐらい稼げるものなのか?

また、どれぐらいダウンロードされるものなのか?

私が初めて印税をもらった月から8ヶ月間の印税金額とダウンロード数を参考にどうぞ。

なんで8ヶ月と中途半端なのかというと、それ以上は特に変わり映えしなかったからです。

スポンサーリンク

今の時代は厳しい?

2000年代後半には携帯バブルというのがあり、かなり配信が好調だったようですが今は落ち着いてしまいました。

ガラケーからスマホになり表現規制が厳しくなったせいです。

表現規制の危険性はこちら

スポンサーリンク

印税率

印税率は会社によりまちまちです。

通常、売り上げの5~10%、それ以上だと高め、それ以下だと低いと思って良いと思います。

配信にかかる経費を超えてから、なんてところもあるらしいです。

実質、ほとんどもらえないなんてこともあるので、契約はよく確認しましょう。

私の場合の印税率

今回、公開する「生まれて初めてもらった印税から8カ月間」の金額は 配信元に入る金額の30%、売り上げ全体からは15%に相当します。

配信先は一般的なガラケー、スマホ用の書店です。

印税率としては高めとなっております。

そのぶん原稿料は抑えられているかも?

原稿料についてはこちらの記事参照

それではいってみましょう。

ドキドキの初月

DL(ダウンロード)数 1,276

印税 10,050円

いやー、少ないですね~。15%でこれですから10%だと6700円です。

ちなみに読み切り一本分、2ファイルです。

さらにここから所得税が引かれることになります。

今だと復興特別税も含めて10.21%引かれます。

それは確定申告したら所得に応じて返ってきます。

私なんかだと今まで全額返ってきてますよ。

2ヶ月目

DL数 2,672

印税 20,875円

初月より上がっていますね。

これはたぶん、携帯コミックでシェアの大きいところが配信先に加わったんだと思います。

おそらく、「めちゃコミック」ではないかと予想。

3ヶ月目

 DL数 1,087(1作目) 562(2作目)

 印税 8,526円(1作目) 3,390円(2作目) 計11,916円

読み切り2作目が配信されました。

なんでしょう、この2作目の人気のなさは。

原因はわかりませんが、表紙のデザインが1作目よりイマイチだったのかなと。

ちなみに1作目のDL数でも会社によってはクビ切られるレベルです。

今、別のとこでしているお仕事で、そこでのDL数も印税から考えるに1作目と同レベルなんですがかなりヤバい状況というかなんというか。

4ヶ月目

DL数 635(1作目) 2,159(2作目)

印税 4,564円(1作目) 16,205円(2作目) 計20,769円

配信開始から2ヶ月目はDL数が伸びるので、1作目の時には及びませんが2作目もDL数を伸ばしました。

しかし1作目の下がりっぷりがもう。

配信サイトで自分の作品を「人気順」で表示してみると、2作目が配信されてしばらくは2作目が上、その後1作目が上に来てまたしばらくすると1作目が下がる、という現象が見られます。

実はこの2作以前にも1作、印税なし契約のが一本あるんですが、それがこの2作品よりもしばらく上に来たこともありました。

これは新しい作品が配信されると、それを読んでくれた人が、その後同じ作者の過去作を読んでくれるためだと思います。

1作目の配信の下がりっぷりがすごいですが、それでも2作目が配信された分、ちょっとは底上げされていると思います。

底上げされてこれかよ・・・。

5ヶ月目

DL数 359(1作目) 729(2作目)

印税 2,797円(1作目) 5,389円(2作目) 計8,186円

どうでもいい金額になってきました。

まぁ、配信から時間も経ってるし、下がってしまうのは仕方ないんですかね。

新作もないし。

6ヶ月目

DL数 1,129(1作目) 329(2作目)

印税 7,409円(1作目) 2,429円(2作目) 計9,839円

1作目が上がっていますね。

これは新たに配信先が増えたからでしょう。

それにしても2作目の下がりっぷり。

1作目はこの時期(配信開始から4ヶ月目)で635のDl数があったわけですが、さらに低くなっています。

同じ著者でも作品によって差がありますね。

7ヶ月目

DL数 726(1作目) 315(2作目)

印税 5,152円(1作目) 2,254円(2作目) 計7,406円

特筆すべき点はなくどうでもいい数字です。

DL数がどちらも3ケタなのでコンマ(,)で区切る必要がなく記載が楽になりました。

前月に配信先が増えた1作目ですが、効果はほぼ1ヶ月しかもたない様子。

8ヶ月目

DL数 340(1作目) 1,058(2作目)

印税 2,378円(1作目) 7,069円(2作目) 計9,447円

3ケタかと思いきや2作目のDL数、4ケタ再び! 6ヶ月目に1作目の配信先が増えたわけですが、2作目もそこで配信され始めたわけです。

さて、これでDL数、印税額を公開する8カ月間は終了です。  

まとめ

8ヶ月間の総DL数 13,376

8ヶ月間の印税計 98,488円

毎日のお菓子代ってところでしょうか(笑)

配信はDL数はもちろんですが新作をどんどん発表しないと稼げませんね。

やっぱ連載が一番です。

まぁ連載したことありますが稼げてないんですけどね。

・・・頑張ろう。  

2017/3/2追記:3年が経ち、久々に印税額を公開してみました。

あれから3年・・・漫画の配信印税は増えたのか?明細を公開してみる【電子】

 

☆☆☆最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆☆☆

携帯バブルを終わらせ、この漫画文化を衰退させてしまう、表現規制の危険性についても知っておいてください。

これは漫画だけでなく女性やお子さんにも被害があるので要チェックです。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.