漫画人生

Instagramは漫画を描くのに良いSNSだけど失敗しまくった話【奮闘記】

投稿日:2017年11月6日 更新日:

最近は事情があって今までの漫画の仕事は断ってしまっているので時間に余裕ができ、趣味で流行りのSNSで漫画を描いてみようと思いました。

インスタ初心者の奮闘記です。初心者すぎていろいろと失敗しまくりました。

これからInstagramで漫画を描いてみようかな?という人の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

アカウント作成からのアイコン作成

とりあえずアカウント登録です。

登録は簡単ですが、FacebookでログインするとFacebookの友達に自動で通知が行くっぽいので注意。

さらにインスタグラムにはユーザーの検索機能がありメールアドレスまたは電話番号で検索できるそうなので、気になる人は誰にも教えていないアドレスで登録するのをおすすめ。

というかもう世間の人の大半はもうアカウントを持っていると思うので今更書くまでもないのかもしれませんが。

私はインスタといえばYahooニュースでよく記事になってる浜崎あゆみさんや紗栄子さんのしか見たことがないという初心者の中の初心者だったのでコレが初登録でした。

アイコンも描きました。

インスタのアイコンは丸いので、丸く切り取られることを意識して描きました。

登録したら自動で丸くなりました。Twitterのアイコンは丸の中にどれぐらいの大きさで納めるか調整できましたが、インスタはできない様子。

スポンサーリンク

インスタでどういう漫画を描けばいいのか

もちろん何を描いても自由です。

コミックエッセイ(子育て、恋愛etc)、創作・・・。

で、今のインスタだと育児系コミックエッセイが主流っぽい。

インスタグラムから書籍化される例も、子育てジャンルが最も多い感じです。

私もちょうど子育て中なので、この主流なところに突っ込もうと思いました。

家族を描くのは楽しいですからね。やっぱり楽しく描けるってのが一番です。

アイコンを見ていただければちょっとわかる通り、自分のキャラを「にわとり」にしました。

キャラを人間以外にするとキャラが印象に残りやすい(と思われる)のと、描きやすいというのがあります。

エッセイ系の漫画を描いている人によく見られる手法だったりします。

犬や猫にしてもいいんですが、将来ペットとして飼った時にややこしくなるという心配があります。

にわとりなら飼わないし、お母さんのイメージもあるので良いかなと。

ちなみに子供はにわとり(私)と人間(夫)の間に産まれて卵のカラがまだ頭についてるという裏設定があります。

 

インスタの漫画を見ていたところ、長編が描ける人は人気だなと思います。

続きが気になるので短編よりもフォローしたくなる傾向がやっぱりあると思います。

でも育児漫画では長編は見たことないですね。過去の恋愛話が多い気がします。

 

インスタでの名前は「時岡みのり」にしました。インスタ用に考えました。

このブログで使ってる「玉ねぎ子」にしなかったのは、玉ねぎ子は適当につけたので画数が良くないからです。

どうやって描くか

今まで漫画を描くのに使っていたクリップスタジオで描くことにしました。

しかもB4サイズで600dpiという、商業漫画と全く同じ。

インスタには明らかに必要ない高解像度ですが、今までの漫画の感覚のままで描きたかった。

一作目

 

とりあえずもう2017年の10月ということで、完全にインスタの波に乗り遅れている感じなので一刻も早くビッグウェーブに乗りたい。

まずは時間的に早く描ける(コマ数が少ない)ネタで、女性向け漫画なのでイケメンを出すことにしました。

そのために夫にはイケメンになってもらいました。

致命的なミス

インスタグラムはスマホからしかアップロードできないんですよね。

漫画はスマホでは描けないので、パソコンで描いてから最近買ったタブレットにDropboxで同期してそこからアップロードすることに。

すると・・・。

なぜか上下が切れてしまいます。

左下の原寸ボタンを押すと多少全体が出るけど、それでも切れる。

「はは~ん、縦に長すぎるから切れるんだな」と思った私は、ペイント(Windowsに元々入っているソフト)で正方形にトリミングするのであった。

後にこれをしぬほど後悔することになる

正方形にまでしなくても、インスタグラムは縦長にも対応しており、4(横幅):5(縦幅)の比率でOKなのです。

それをわざわざ正方形にしたことで本来よりちょっと小さめに表示されることになるのです。

これが後々、響いてくることになり・・・。

タグ付け

インスタグラムの優れている点としてタグ文化が発展しているというのがあります。

「#育児漫画」とかつけておけば、そのタグで検索した人が見に来てくれたりするのです。

Twitterでも同じ機能がありますが、インスタの方がタグが重要でありタグで見る人が多いと感じます。

つまりTwitterのように、誰かに自分の投稿を見てもらうために知らない人をフォローしまくったりする必要はないのです。

有名人にリツイートしてもらう必要もなし。かなり気楽に始められるのです。

#漫画 #イラスト #育児漫画 #子育て漫画 #絵日記 #育児絵日記 #子育て絵日記 #エッセイ漫画 #コミックエッセイ#マンガ #恋愛漫画#育児日記#思い出#日常漫画#実録漫画 #実話漫画 #実話 #夫婦漫画#旦那 #旦那さん#結婚生活#恋愛マンガ#絵#まんが

私は最終的に毎回これらのタグをつけることで落ち着いてます。多いな!

30個までは付けられるらしい。

初投稿

投稿してみたところ。

夜8時ぐらいに投稿しました。

インスタは夜7時ぐらいから0時になるまでがゴールデンタイムという情報を見かけたので夜7~8時の間に投稿することを決めました(たまに過ぎてしまいますが)

タグをつけていれば、宣伝とかしなくても見てはもらえるだろう・・・と期待しつつ、フォロー0、フォロワー0、いいね0という圧倒的孤独に耐えかねた私は他の人の投稿を見に行って「いいね!」をつけたり、フォローをしたりするのでした(言ってることとやってることが・・・)

この時、他の人につけた「いいね」は5~6件ぐらいだったと思います、フォローは2名の人をさせてもらいました。

そして2日後の昼までに、なんと22人の方がいいねを押してくれました

いや、マジでインスタがすごい。無名の1作目ですよ。このブログにも、この記事を書くまで全くインスタグラムのことは書いてませんから。

そして、フォロワーさん4人、フォロー4人という状態になりました。

フォロワーさんのうち1人は、私が最初にフォローした2名のうちの1名がフォローバックをしてくれました。

あとの3名はありがたいことに相手からフォローしていただきました。

2作目

主婦の漫画ということで共感できそうなネタをと思い、夫へのイライラネタを描いてみました。

1作目を投稿した3日後の夜に投稿しました。

後に「すごい共感です!」という嬉しいコメントを1件いただいたものの、いいね!は2日後でも10件にとどまりました。

つまり完全にスベりました

1作目と違って人間キャラが小さく下手に見えるし(実際下手ですが)、荒く見えるというのもあるかもしれない。

クチバシってどう描くんだっけ?と、調べながら無駄にこだわって描いたんですけどね。

フォロワーさんの変化はスクショを撮り忘れたので正確ではないですが、8~9人ぐらいになったと思います。

おそらく1作目も一緒に見てフォローしてくれたのかと思います。1作目も一緒にいいね!を押してくれる方が多かったので。

2作目の失敗により私の場合はわざと共感狙ってもダメだと早くも感じました。

そういえば今までの人生、あまり共感された記憶がありません。どうも向いていないっぽい。

3作目

3作目は我が家のプロポーズエピソードです。

きっかけが株の失敗というところをネタにしてみました。

2作目より1作目の方がいいね!が多かったので、1作目と同じく夫を出したいというのもあり。

これはちょっとウケたようで、2日間で59人の人がいいね!をしてくれました 。

さらにフォロワーさんが34人になりました。

3作目を出してから25人ぐらい増えてくれました。

かなりテンション上がったのを覚えています。

やっぱり共感を狙うより、変わったところを出していった方が私には合っていると思いました。

しかしよく考えたら、プロポーズネタなんて1回しか使えないじゃないですか。飛び道具を早くも使ってしまった感。

4作目

この調子で続けて夫を出してみる。

このブログでは全く出てこない夫ですが、まさかインスタでメインキャラになるとは。

3日ほどで38いいね!を獲得。前作ほどのインパクトはなかったようですが、フォロワーさんは56人になりました。

22人も増えた計算です。ありがたや。

というか育児漫画のつもりが夫婦漫画になってきました。

5作目

数年前からある、我が家の唯一のルール。

いいね!の数はスクショを撮り忘れたので定かではないですが4作目よりは多く、50いいね!ぐらいだったと思います。

このあたりでにわとりを描き慣れてきました。

気づいたらいくつかのタグで「人気投稿」に入ることもできてました。

「育児漫画」とかの人気タグだったらもっと反響が得られるんだろうなあ。

ところで全く育児が関係なかったりしますが、タグにはいつも「#育児漫画」とか「#育児絵日記」とかつけてます。

なぜかというと、描いてる漫画の対象が、そういうタグを見ている方たちだからです。

タグは単に漫画の内容を表すだけでなく、ターゲット層に見てもらうために選ぶものでもあると思います。

でも思いのほか高校生や大学生の方々がフォローしてくれたりして、それもとても嬉しいです。

3日かけてフォロワーさんは67人になりました。プラス11人といったところ。

1作出すごとに10人フォロワーさんが増えることを目標に設定していたので、ギリギリ達成。

6作目

夫ネタが続いたので違うものも投入。

イケメンキャラも出てこないし、そんなに伸びないだろうな~と思ったらやっぱりそんなに伸びませんでした。

3日間ぐらいで43いいね!をもらえましたが、フォロワーさんは7人ぐらいの増加。

いきなり「1作につき10人フォロワーさんを増やす」の目標達成ならず。

でも作風に幅を持たせたい意味もあったので全然OK!

この時フォロワーさん75人

7作目

このブログにある、美容系の記事に貼りたいなーと思って描きました。

それにしても1コマ目のにわとりが、頬骨を出したただけで思いのほかかわいさが大幅ダウンしたのがショックですね。

その現象が私の顔面でも起きてるんですけど

58いいね!ぐらい獲得し、フォロワーさんは85人になりました。ギリギリ目標の10人増。

8作目

結婚前のネタ持ってきました。

べつにウワキとかじゃないんで大丈夫。

これ、60以上のいいね!をもらえたんですが、フォロワーさんは全然伸びず

3日かけて4人ぐらいしか増えてくれませんでした。

原因はネタ的なものもあるのかもしれませんが、原稿用紙下部を裁ち落としまで描いているのでいつもより画像が縦長なんですね。

いつもより縦長なのにインスタグラムで表示される縦幅は決まっているので、決まった縦幅に押し込まれて文字とかが全体的にいつもより小さくなってしまいました(説明がややこしいですが・・・)

要は小さくて読みにくかったんじゃないかと思います。

 

この時点でフォロワーさんは89人でした。

↑次の9作目を投稿した直後にスクショしたので、投稿数が「9」になってます。

9作目

8作目でフォロワーさんが全然伸びなかったことを受けて、やっぱり画像が小さいのはダメだと気づきます(遅ぇ)

実はインスタグラムが4:5の縦長に対応しているのは5作目ぐらいで気づいていたんですよ。

でもずっと正方形にトリミングし続けてきたし、今更変えるのも・・・と躊躇していたんです。

プロフィール画面で、原稿全体が表示されるのでまとまりも良いかもと思って。

これは5作目を投稿した時のスクショ。原稿全体が出てて見やすいかなと思ってました。

でも、そうも言っていられないと思い、9作目でようやく正方形から4:5のトリミングに変える決心がつきました(遅いわ

初の4:5比率で投稿。

するとどうでしょう、いいね!の数はスクショし忘れましたが(オイ)たしか60いいね!ぐらいでいつもと大きな差はなかったものの、フォロワーの伸びが違いました

24時間後、フォロワーさんが124人まで増えました。

一気に35人も増えてくれた計算です。過去最高です。

ネタ的には、夫の涙目があざといぐらいで今までとそんなに差はないと思います。

それでフォロワーさんがこんなに伸びたのは明らかにトリミングの差だと思います。

ちなみに正方形にトリミングしたのと4:5にしたものとでは、スマホで見た時に差が大きく感じます。

下の方がだいぶ大きく見えませんか?

やっぱり大きいほうが見やすいわけです。

インスタグラムはほとんどの人がスマホで見ているでしょうから、この差がかなり重要なのです。

一番良いのはインスタグラムで最も大きく表示される4:5の比率でめいっぱい描くことなんですけど、原稿用紙ってもっと縦長なんですよね。

葛藤

正方形にトリミングしていたのは明らかに失敗でした。

でも今さらどうしよう・・・。

9作目にしてやっと直したので、過去の8作が失敗したままです。9作のうち8作が

それでも「いいね!」やコメントをたくさんいただいたので、また投稿し直すのはやっぱり気が引けます。

過去に出したものを再びフォロワーさんのタイムラインに流すわけですから(しかも8本)けっこう迷惑では。

インスタグラムはタグの編集なんかは後からできますが、画像の差し替えはできないので困った・・・。

修正してまとめて出す

正方形にトリミングしてしまった8本を4:5に修正し、4本ずつに分けて総集編①②として出そうと決めました。

これなら過去のものを再度出しても、なんとか恰好がつくんじゃないかと・・・。8本バラバラで出すよりもフォロワーさんのタイムラインを汚さないし。

表紙も作っちゃったりしました。

たしか夜7時か8時ぐらいに総集編2本とも連続で出しました。

日付が変わるぐらいまでの数時間で、両方とも50いいね!ぐらい貰えました。

フォロワーさんもなんと170人になりました。40人以上増えてくれました。

これで過去のサイズミスはフォローでき、フォロワーさんまで増えてオールOK。

そう思っていました。でも・・・。

やっぱり1枚ずつ投稿し直したい

やっぱり総集編じゃなくて、1枚ずつ出したい。

1ページ漫画だし。1ページずつプロフィール画面に載せたい。

 

その思いがどうしても消せず、総集編を出した日の夜12時をまわったあたりでもう8作を一気に再投稿することを決意。

総集編はアーカイブに移動しました(アーカイブに入れると表示されなくなり、いつでも元に戻すこともできます)

ああ、総集編にいいね!をくれた人にも本当に申し訳ない・・・。

深夜に突然の8枚連続投稿という、フォロワーさんのタイムラインジャックを発動。迷惑きわまりない。

プロフィールを編集し「タイムラインを汚して申し訳ございません!」と謝罪文を入れ、各投稿にも入れておきました。

サイズは違うとはいえ前に投稿したものだし、いいね!は貰えないと思っていました。ちょっとでももらえたらラッキーかな、と。

 

ところが、ここから怒涛の通知ラッシュが来ます。

いいね!もフォロワーさんも、かなりの勢いで増えていきました。

夜中ですが翌日が休日だったので起きている人が多かったのもあると思います。

8枚連続で出したので各タグの検索ページで目立って、クリックしてくれる人も多かったんじゃないかと。

 

8作の再投稿全てにいいね!を押してくれるフォロワーさんも何名かいらっしゃって、私が気づいた人にはダイレクトメールでお礼とタイムラインジャックの謝罪を入れました。

皆さん「全然いいですよ~」と快くお返事をくれて、感動したのを覚えています。

ポスト整理やサイズ変更のために再投稿する人は他にも結構いますよという助言もいただきました。

でも8枚もいっぺんに再投稿はなかなかいないと思うので、もう二度としないように気を付けます。

非公開アカウントのフォロワーさんの中にも全部にいいね!を押してくださった人がいたので、私もフォロー申請をしたんですがそれはスルーされました

そんなに「いいね!」押してくれたのにスルーされたのでズッコケましたが、元々非公開アカウントなので仕方ないのでしょう。でも本当にありがとうございます。ここで言っても伝わらないけど。

8作連続投稿をした日の昼すぎ。フォロワーさんは310人になっていました。

140人も増加してくれました

正方形にトリミングしていた時は89人だったのが嘘みたいです。

 

正方形のものもしばらく置いておきましたが、今はアーカイブに移動しています。

9作目を出した後に1~8作目を再投稿したので、一番下に9作目(最新作)が来るという状態になってしまいましたが、1枚ずつ投稿し直せて本当に良かった。

 

余談ですがフォローしてくれた方をたまにフォローバックさせてもらってたんですが、しばらくするとこうなってました。

あれー、両想い(相互フォロー)だったはずなのに私の片思いが増えてるー。

フォロバ目当てだったのか、やっぱりフォローやめようと思ったのかはわかりません。

こういうこともあります。しょうがない。

ちなみにインスタの片思いや両想いを調べるサイトはこちら。もうみんな知っているのかもしれないけど。

InstaChecker

「解析開始」で解析してくれます。

現在

今は12作投稿、フォロワーさんは529人になりました。たまに減りますが。

いやー、ほんとインスタ楽しい。

時々コメントをいただけて、絵がかわいいとか綺麗とか書いていただけることもありますが「絵が上手」が一回もないのが私らしいなあと。

商業であろうがインスタであろうが、評価は変わらないなあと。ははは。

楽しんでいただけるものを描いていこうと思っているので、よかったらフォローお願い致します。

いいね返し、フォロー返しはどうしたらいいのか

私は、いいね!は通知に気づいたら可能な限りはお返ししています。フォロバはあまりできていませんが時々。

まとめ

インスタグラムは漫画を載せるのに優れたSNSでした。

投稿しやすいし、タグを付けておけば見てもらいやすい。ユーザー数の多さも抜群。

今年から10枚までの複数ページに対応したようで、より漫画向けになったんじゃないでしょうか。

原稿のサイズはできる限り大きく載せましょう。

 

更新ペースは、私は3日に一回ぐらいです。描くのが遅いので普通に1枚描くのに4時間とかかかってしまうのです。

1日あたり一時間弱が、私が趣味に使える時間かなーと。

 

おしまい。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.