健康

インフルエンザB型に2人が患った記録【私&子供】吐き気、イナビルetc

投稿日:

2018年1月、母親である私と小学校2年生の子供が揃ってインフルエンザb型にかかったのでその記録です。

吐き気などの症状と吐き気止め、イナビル(吸い込むタイプの新しい薬)を使ったけどタミフルよりも良いのかといった感想など。

スポンサーリンク

インフルエンザB型 子供編

まずは小2の娘のケース。

土曜夜、発症

土曜の夜、10時ぐらいだったかと思います。

翌日が休みだったので夜更かししてました。

しんどいのでいので小児科ではなく耳鼻咽喉科に行き、インフルエンザの検査をすると見事にB型インフルエンザであることが判明。

検査の時に長い熱を測ってーと言うので測ったら37.6度。

病院は休みなので水分をこまめに摂らせながら寝かせておくことに。

翌日、日曜もまだ病院は休み。

食欲がないのでおかゆと梅干しみたいなのばかり食べてました。

熱は38.5度ぐらいまで上がりましたが、風邪でもこれぐらいの熱は出るのでまだインフルエンザだとは思わず子供の食べ残しを私が食べたりしていました。そりゃ伝染るわ。

月曜朝、病院へ

月曜の朝は37.5度ぐらいになっていたので、とりあえずランドセルを持って病院へ行くことに。

子供は皆勤賞を狙っており学校を休みたがらず、ドクターストップが出ない限りは学校へ行きたがるのが風邪をひいた時のパターンなのであります。

私が子供の時だったら大喜びで休んでるところですが・・・頑張り屋の娘です。

鼻水と鼻づまりがひどいので、小児科ではなく耳鼻咽喉科へ。

検査のため綿棒を鼻につっこまれるのがけっこう痛かった様子。泣かなかったけど。

結果、インフルエンザB型と判明。ランドセルを持ってきた意味なし。

イナビル

お医者さんは最初、普通に錠剤のタミフルを出してくれようとしたんですが「一回で済むやつあるんでしょ?」と言ってイナビルに変えてもらいました。

・タミフルだと5日間飲まないといけないが、イナビルだとたった一回で済む

・粉状の薬を口から吸い込むタイプなのでややこしいが、子供はもう8歳なので吸い込むぐらいできると思った

というのが理由。

 

病院に、イナビルを使えるかどうか試すためにイナビルと同じ形の笛(?)のようなものがあり、子供に吸わせてみると普通に音が鳴りました。

音が鳴ったらイナビルOKということらしい。

が、この選択はちょっと後悔することになります。

イナビルは単純に吸い込む力があればOKだと思ってましたが、実際は苦い味がするので子供が嫌がる嫌がる。

薬局の薬剤師さんに指導してもらいながら使いましたが、ちょっと吸いこんで「もうやだ」とか言い出しました。

イナビルは一回で済むといっても、吸い込むこと自体はその場で2回続けてしなければいけませんでした。

なんとかイヤがりながら2回吸いこみましたが、本当にあれでOKだったのか今でも疑問です。

 

ちなみにイナビルのコツは、最初は薬の粉がたくさん出るのでゆっくり吸い込み、それから思い切り吸い込みます。

吸い込んだ後は3秒ほど息を止め、鼻からゆっくり息を吐きます。

処方されたその場で使えるので、薬剤師さんに教えてもらいながら使いましょう。

出席停止

インフルエンザの出席停止日数については、わかりやすい表があったので引用させていただきます。

出典:インフルエンザの出席停止期間の早見表!登校・登園はいつから?

うちの娘の場合、熱が出たのが土曜夜だったので日曜を0日目とし、熱が長引かなければなければ金曜日まで出席停止でした。

吐き気と頭痛

インフルエンザと診断されたのが月曜朝で、その日の夜から吐き気と頭痛を訴えるようになりました。

調べてみると、B型インフルエンザは吐き気が起きやすいとのこと。

ネットでは、吐くのにはウイルスを排出する意味もあるので吐き気止めは使わない方が良いと書いてあったりしましたが、気持ち悪くて眠れない様子で、でもなかなか嘔吐まではしませんでした。

 

翌日の火曜日、再び病院へ行くとあっさり吐き気止めの「ナウゼリン錠10」と、解熱鎮痛剤の「カロナール300」を処方してくれました。

ナウゼリン錠は一日3回まで、カロナールは2回まで飲めます。

 

カロナールは頭痛を治すだけでなく熱まで下げるので、あまり飲ませたくないところです。

熱はインフルエンザのウイルスと闘うためのもので、むやみに下げたくありません。

とはいえ娘の場合、吐き気と頭痛で睡眠が阻害されてとてもしんどそうだったので、結局吐き気止めもカロナールも既定の範囲内で、子供が苦しみだしたらすぐ飲ませていました。

数えたら最終的にカロナールは6回、吐き気止めは5回飲んでいました。

熱がぶり返した

診断された2日後の水曜日、36度台まで熱が下がって安心したのもつかの間、木曜と金曜にぶり返しました。

木曜は38.5度ぐらいまで出て、金曜日の朝には下がったものの昼過ぎにまた37.7度まで上がりました(夜に再び下がった)

調べてみると、B型インフルエンザは熱がぶり返しやすいとのこと。

厄介すぎるだろB型!

 

ぶり返した原因は定かではありませんが、頭痛を治すために飲んでいたカロナールで熱を下げ過ぎて抵抗力も下げてしまったことが考えられます。

もしくは吐き気止めも飲んでいたので、吐いてウイルスを排出する機会を抑え込んでしまったのが原因か。

もしくはイナビルをちゃんと吸い込んでなかったのか。

 

とはいえカロナールと吐き気止めを飲みまくりでも金曜以降はちゃんと治ったので、多少長引くかもしれないけれど子供が本当に辛いのであれば薬で対処してあげるのも大切だなと思いました。

月曜、登校

インフルエンザは、熱が下がっても「全く熱が出ない日」が最低2日続かないと学校に行けません。

娘の場合、ぶり返した熱が金曜日に下がった後、土日は熱が出なかったので月曜日から登校OKになりました。

娘の場合まとめ

・B型インフルエンザは吐き気が出やすい。頭痛もひどかった

・熱がぶり返した

・イナビルはまだ早かったかも

・吐き気や頭痛がしたら薬をすぐ飲んでいたが、なんとか一週間で治った

 

全体を通して、37度台前半~38度台前半をうろうろすることが多かったです。

一度だけ39.4度が出て焦りましたが、すぐ下がりました。

寝ていることが多く、もしタミフルだったら時間どおりに飲ませるのが大変だったと思います。

その点では一回で済むイナビルは楽でした。ただ、ちゃんと吸いこめていたのかどうか今でもわかりません

 

来年からはしっかり予防接種を受けさせたいと思いました・・・。

今年も受けさせようとしたんですけど、ワクチン不足で打てなかったんです。

スポンサーリンク

インフルエンザB型 母親(私)編

娘のインフルエンザは私にもしっかりうつってくれました。

至近距離で咳をされたり、食べ残しを食べたりしてたので当然といえば当然です。

 

娘が熱を出したのが土曜夜、診断されたのが月曜朝、そして私が熱を出したのは火曜夜です。

最初は37度ちょうどぐらいだったのが、水曜の朝方には38.3度に。

潜伏期間は1~3日らしいので、絶対うつったと思いました。

イナビル②

熱が出てから12時間以上経たないとインフルエンザの検査はできないとのことなので、翌日の水曜の夕方に病院に行きました。

検査のために長い綿棒を鼻に突っ込まれるのは30数年生きてきて初めてでした。これが初インフルエンザ。

10秒間鼻に突っ込まれたままにされて気持ち悪かったですが、胃カメラよりマシなので耐えられました。

 

薬は私の希望で娘と同じくイナビルにしてもらいました。

驚いたのは、娘は2回でよかったのに私は8回も吸い込まなければいけなかったこと。多いな!

 

最初だけゆっくり吸い込んでから思い切り吸い込むことを意識すると、わりと楽にできました。

間違えて最初から思い切り吸い込んだらむせそうになりました。

ニガい味がしますが、めちゃくちゃひどい味ではありません。

私があまりにも全力で吸い込むので薬剤師さんに「楽器やってるんですか?」と聞かれたりしました。やってないですけどね。

解熱

水曜日にイナビルを飲んで、金曜には熱が下がりました。

結局、最高でも38.3度で、ほとんど37度台までしか上がりませんでした。

インフルエンザは体力がある人ほどウイルスと闘おうとして高熱が出るらしいので、私の体力が低いということでしょう。

吐き気や頭痛もほとんどなく、軽いものでした。ただ咳はよく出ました。

私の場合まとめ

・体力がないせいか、私の場合強い症状は出なかった

・発症後わりと早く(18時間後ぐらい)イナビルを飲んだのが良かったのかも

 

以上です。

私は人生初のインフルエンザだったので貴重な体験でした。でももうなりたくありません。

 

おしまい。

-健康

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2018 AllRights Reserved.