健康

鼻から胃カメラ体験記 料金やコツ等わかったこと

投稿日:2015年11月14日 更新日:

最近胃痛がするので鼻からの胃カメラをしてきました。

ちなみに2回目です。

1回目はこちらの記事内にありますのでよかったらそちらもどうぞ。

ピロリ菌 除菌体験記~費用、検査、鼻から胃カメラ~

2回目ともなると初回にはわからなかったことも知ることができたのでそのへんも。

スポンサーリンク

胃カメラの予約と血液検査

ピロリ菌の除菌をしてから調子が良かったのですがまた痛くなることが増えたので胃カメラをすることに。

まずは予約をしに総合病院へ。

ピロリ菌の復活を疑っていたので胃カメラの時に菌の検査もしてもらうようお医者さんに伝えました。

そして血液検査が必要なため腕から血を取られます。

胃カメラの説明の際、「当日、胃の動きを抑える注射を肩にしますねー」と普通に看護師さんに言われたのですが

1回目の時、絶対そんな注射してないと思ったので詳しく聞いてみると

胃カメラの先生によって、注射をする人としない人がいるらしいです。

私が予約した日はたまたましない先生が担当なようで一安心。

1回目の時も注射しない先生だったみたいです。

次回からは予約の際に「注射しない先生でお願いします」と言えばいいですよ、とのこと。

肩に注射(しかも筋肉注射)って絶対痛そうだからイヤですよね・・・。

 

この日(予約と血液検査)の料金:3230円

 

前回の胃カメラ予約&血液検査の時は3370円だったので140円安くなってます。なぜだ?

スポンサーリンク

胃カメラ前日

消化の良いものを夜9時までに。以降は絶食です。

お水やスポーツドリンク等の透明な飲み物は9時以降もOKでした。

胃カメラ当日

朝の7時頃までは透明な飲み物を軽く飲む程度に。以降は飲み物もナシでした。

検査は10時からだったので3時間前までということになります。

胃カメラは横向きに寝てするので、メガネは邪魔かなーと思いコンタクトにしました。

 

胃カメラの部屋(?)に入るとまず、胃酸を抑えるという飲み薬を渡されました。

紙コップ一杯でけっこう多かったです。

味はカルピスをめちゃくちゃ薄めた感じ。おいしくはない。

1回目の胃カメラの時は飲んだ記憶がないけど飲んだのだろうか・・・。

ちなみに、1回目と違う先生でした。

 

仰向けに横になると、腕に血圧を測る機械を装着。

そして、鼻に麻酔液と思われるサラサラした液体を噴射され、次にドロドロした麻酔液を鼻に流し込まれます。

このドロドロした方がとにかく不味い・・・クスリ臭くて。

で、このドロドロ麻酔を入れられた直後に胃カメラを持った先生が来ました。

 

先生 「はい、横向いて~」

 

え、早くない?

 

まだ麻酔入れて10秒も経ってないような。

前回はこの後、胃カメラと同じ太さの管を入れて鼻孔?を慣れさせる準備があったはず・・・。

 

と思ってたんですがあっと言う間に鼻に胃カメラ突入。痛い

私 「いだだだだ」

先生 「まだ麻酔が効いてないのかなー」

 

当たり前だろ!

 

と心の中でツッコみましたが痛くてそれ以上言えず。

胃カメラは管の先についていて、そこだけ太くなっているのですがそれが胃に入ってしまえば痛くなくなりました。

 

オエッとはなりませんでしたが喉の奥を管が通るとやっぱり気持ち悪い。

耐えられないほどではないんですけどね。

口からの胃カメラだったら相当きついだろうなと予想。

胃カメラ中、唾液を飲み込むとむせるので適当に口から出してと言われましたが、唾液なしで単に飲み込むという動作(?)はできます。

前回は怖くて一度も飲み込めなかったんですが、今回は普通に飲み込めました。

うん、飲み込めた方が楽かも。

 

この病院では希望すれば静脈麻酔で寝た状態で検査を受けることもできるんですが、鼻からの検査であれば私は必要ないと思います。

けっこうネットで調べると麻酔の効きが悪くて苦しかったとか吐き気がなかなか治らなかったといった体験談を見かけるので麻酔の方が怖いかなーと。

 

胃の奥までカメラが入ると、胃の中の何かを採取する作業をされて終了。

前回より明らかに時間が短かったです。

前回は10分いかないぐらいだったと思うのですが今回は3分ぐらいだったような。

 

カメラを出すと、もう一度仰向けになって血圧を測りました。

鼻の中に残った麻酔液が喉に降りてきて、めっちゃ不味い。

胃カメラは終わっているので全く意味のない麻酔液に苦しめられる。

 

起き上がると胃カメラの画像を見ながら軽く先生が説明してくれました。

意外なことに胃は普通に綺麗で、食道が荒れていました。

ピロリ菌がいるかなど詳しい結果は次回の診察の時になります。

 

胃カメラ料金:4580円(ピロリ菌検査込み)

 

ピロリ菌検査が1000円ぐらいだと思うので、胃カメラだけなら3000円代だったようです。

ポリープがあったりして採取→検査となればさらにプラス4000円ほどになるようですが、今回は無かったようです。

予約が10時だったんですが、10時9分にはもうお会計を待ってたんで今回はかなり早く終わりました。

お会計を待っている間けっこう鼻水が出やすくなったのでティッシュを持ってこればよかったなーと思いました。

麻酔がまだ効いていて、喉が腫れたような何とも言えない感覚が気持ち悪かったです。

 

料金やコツ等わかったことまとめ

・肩に注射をする先生としない先生がいる。しない先生を指定すると注射を回避できる

・麻酔を入れたら、せめて1分ぐらいは待ってほしかった

・胃カメラ中、唾液は飲み込まず出す

・唾液なしでただ飲み込むだけなら普通にできる。できた方が気分的にラク

・鼻水が出やすくなったのでティッシュを持って行けばよかった

・予約~胃カメラで合計7810円。ピロリ菌検査がなければ7000円ほどで済んだ

 

以上です。

何かの参考になれば幸いです。

 

追記:結果を聞きに行きました。

ピロリ菌は復活しておらず逆流性食道炎でした。

症状は軽いので痛い時には家にあるタケプロン30(胃痛の時に使っている処方薬。家に常備している)を飲んでおけば良いと言われました。

結果を聞きに行った時のお会計370円。

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

女性やお子様など様々な人に害のある表現規制の危険性についても知っていただけると幸いです。

よろしくお願いします!

-健康

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.