子供の病気・心配事

子供の発達検査に行ってきました。

投稿日:2014年10月1日 更新日:

場面緘黙症の目次はこちら

5歳の子ども(女の子)の場面緘黙症治療の方針を決めるため発達検査に行ってきました。

検査を行った心理教育センターやその準備、費用の話など。

スポンサーリンク

心理教育センターにて発達検査を受けました

私は子供の様子を見る限り発達障害を心配したことはありませんが、場面緘黙症の療育を受けるにあたって検査が必要なようです。

詳しくは前回のカウンセリング記事をどうぞ。

検査は病院でも受けられ、それだと保険がきくのですが交通費や手間を考えると大学の心理センターで全然OKでした。

検査内容は病院のものと同じらしいです。

スポンサーリンク

発達検査の事前準備

カウンセリングから発達検査まで2週間でしたが、子供が熱を出したので1週間延期になりました。

地域によって発達検査を行うような病院は何カ月も待つこともあると聞いたことがありますので(大阪ではそんなに待たなくてもいいと思いますが) 候補に心理教育センターを入れるのも良いんじゃないでしょうか。

で、発達検査の日までに家で書かなければならないものがありました。

「乳幼児発達スケール TYPE T 0歳1カ月~6歳11ヶ月」 ページ一番上の画像と同じですが、こんなの。

タイプTってことはタイプA~Sまであるんでしょうか。多っ。

※追記:コメントで教えていただきました!タイプにはA,B,C(0歳から6歳を分割したもの)と、T(ABCを集約したもの)があるそうです。ありがとうございます!

で、この中に「電話ごっこができる」とか「友達の名前が言える」とか山ほど書いてあって、できるものには○、できないものに×をつけるわけです。

○と×のつけ方は詳しくは ○・・・明らかにできるもの。過去においてできたもの。やったことはないがやらせればできるもの。

×・・・明らかにできないもの。できたりできなかったりするもの。やったことがないのでわからないもの。

やったことがないものをどう判断するー!? で、私は迷ったら×にしとこうと思いました。

甘めにつけると、異常なしの結果が出た時に「ほんとに大丈夫かな?」と疑問の余地を残す可能性があるかと思ったので。

項目は

①運動・・・例:動くものを見るとその動きにあわせて体を動かす

②操作・・・例:自動販売機のボタンをなどを押したがる

③理解言語・・・例:子供の出した声を親がまねると喜ぶ

④表出言語・・・例:何かをしながら一人でムニャムニャおしゃべりをする

⑤概念・・・例:『熱い』がわかる

⑥対こども社会性・・・例:同じ年の子供とおもちゃの取りあいをする

⑦対成人社会性・・・例:親しみの顔と、怒りの顔がわかる

⑧しつけ・・・例:自分で自分の口もとをふこうとする

⑨食事・・・例:よだれかけなど何でも吸う

の9つのジャンルに分かれており、それぞれ30ほど○×をつける項目があります。 対象が0歳~6歳と幅が広いので、完全に赤ちゃんを対象にしてるなーという項目も多くありました。

発達検査当日

当日は心理センターに着くと、臨床心理士さんと大学院生さん(どちらも女性)に子供を預けて親は待合室もしくは外で時間をつぶすことになります。

1時間ほどで終わります。

 子供の様子は見れないので当日の検査内容ははっきりとはわかりませんが、子供に聞くと「丸や三角の絵を描いた」そうです。

また、心理士さんが検査前に「クイズしようねー」と言っていたので、何か質問に答えたりするのでしょう。

それ以上は子供は「忘れたー」とか言って全然教えてくれませんでした(汗)

迎えに行った時は普通にごきげんだったので、そんなに疲れることはないみたいです。

この当日の検査内容と、事前に書いた発達スケールを合わせて判断します。

結果を聞くための予約を取ると、一番早くて1カ月後と言われてしまいました。

発達検査の費用

値段は1,500円でした。

今回は大学院生さんがメインで検査をしてくれたらしく(もちろん臨床心理士さんも一緒に居てくれます)通常の半額だそうです。

通常は3千円ということで、どっちにしても高くはないかと。

病院併設の心理教育センターだと1万円ぐらいと言われましたから。

こちらの過去記事参照

早く結果が出て、場面緘黙症の療育の方針を固めたいです。

 

2015/5/20追記 発達検査の診断は数値だけでなく総合的に判断するため病院・施設により違いが出る場合があるそうです。 発達も気になる場合は実績のある病院で検査を受けるのが一番良いかもしれません。詳しくはこちら  

 

いかがでしたでしょうか。

何かの参考になれば幸いです。  

 

☆☆☆最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆☆☆

子供を持つ親御さんには絶対に知っておいてもらいたい、表現規制の危険性もぜひ一読ください。

よろしくお願いします。

-子供の病気・心配事
-

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.