漫画人生

売れてない漫画家(私)の原稿料はこちら ~雑誌、携帯コミック~

投稿日:2014年4月28日 更新日:

マンガ家の原稿料は、例えばテルマエ・ロマエの原作のヤマザキマリ先生は原稿料が一枚2万、佐藤秀峰先生は新ブラよろが一枚3万5千円とそれぞれご自分で公開されてましたが、

勝ち組マンガ家さんはそりゃ高いのは当然。

では売れてない人や、新人漫画家は?

そこはやはり、漫画の仕事してるくせに匿名でブログやってる私が答えるしかないでしょう。

なんせ匿名ですから。 ちなみに私はまだギリギリ新人の範囲だと思います。

ブログ名は「玉 ねぎ子」ですが、もちろんそんな名前で漫画描いてないよ!

スポンサーリンク

その前に、「売れてない」の定義は何?

私的には、「食べていけない」てとこでしょうか。

知名度はそんなになくても食べていけるなら「売れている」と思います。

住んでいる場所にもよりますが、一人暮らしできればOKって感じです。

スポンサーリンク

今、現在のギャラ

①A社・・・そんなに大きくはない出版社さん。雑誌掲載の後に電子書籍として配信されるのが基本の流れ。

原稿料 1枚 4000円

電子書籍(携帯コミック)印税 配信元に入る金額の30%(売上全体の約15%相当)

 

4000円とは、なかなかない安さだと思いますが売れてないので文句は言いませんよ~。

無名の私を拾ってくれたのがここですし、雑誌の仕事してると他のところから依頼が来る率も上がるので今後も仕事させてもらいたいところであります。

担当さんが返事を早くくれて良い人なのも魅力です(ヨイショじゃないですよ。このブログ匿名でやってるし←しつこい)

あと、webや携帯コミックとして配信された時の印税率が高いので原稿料の安さはそこそこカバーできています。

通常、売上の10%が多いみたいなので。

だいたい24ページ描くと、コマ数にもよりますが2~3ファイルになりまして、1ファイル約50円で配信しています。

一つ売れると約7.5円ですね。

電子限定の出版社さんは配信時期がわかりやすいですが、雑誌だと遅くなることも多いです。

売れてないから後回しにされてる可能性(涙)

印税について実際の金額はこの記事で

②B社・・・電子書籍専門の会社。だから出版社ではないのかな(よくわかってない)

こちらは、雑誌掲載はナシで電子配信専門です。

漫画家の仕事としては雑誌掲載>電子配信みたいな空気がありますが、印税が欲しい私にとってはすぐ配信してくれるので非常にありがたい。

それにしても、イラストレーターだとべつに仕事の媒体は紙だろうとネット上だろうとあまりイメージ変わらないのに、漫画家だととにかく紙!みたいな空気があってめんどくさい。

そして、肝心のギャラはこちら。  

 

原稿料 1枚 7000円

電子書籍印税 売上の約5%  

 

こちらは印税率がちょっと少ない分、原稿料が高いですね。

漫画家全体の相場として特別高くないと思いますが、私にとって7000円はかなり嬉しいです。

ただ、配信専門の会社はシビアなので配信数が良くなければ切られやすいので怖いところ。

過去にしたことある漫画仕事のギャラ

C社・・・そこそこの大きさの出版社さん。ただし、私の場合はそこの電子書籍部門

もともと、雑誌の新人賞に投稿していた私ですが、このままでは一生漫画家になれんと悟ったので、当時よく募集されていた携帯コミック作家に目を向けることに。

5社以上応募したような気がするけど、仕事をくれたのはここだけ。  

 

原稿料・・・16ページまとめて5万円。しかもすべてカラー原稿

印税・・・なし  

 

うーん、きつい条件ですね。

1枚あたり3000円ちょい、しかもカラーですからね。

まぁ、このギャラだからこそ仕事くれたんでしょう。

当時の私には仕方のないことです。

描かせてもらったのは1回だけです。

売れなかったので2回目のお声はかからなかったわけですけど(ど、どこまで底辺なんだお前)

依頼が来たことのある漫画仕事のギャラ

売れてない私ですが、さすが漫画大国日本です、私のところにまで依頼が舞い込んできます。

ただ私は遅筆のため受けられるとは限りません。

ここではまだちゃんと仕事受けてないけれど、こういう条件で依頼は来たよ、というのを紹介。

D社・・・そこそこ大きい出版社の電子出版部門。

原稿料 1枚 5000円 印税 なし  

なんでしょうね、電子に限っては出版社の大きさとギャラは関係ない感じですね。

とはいえ、まとまったページ数の仕事をいただけるようなのでスケジュールが合えばぜひ受けたいと思っています。

E社・・・電子書籍専門の会社、ただし大手出版社の子会社

原稿料 1枚 6000円

印税 いちおう入るらしいけど何%かは謎。

 

2ちゃんねる情報によると、既定のダウンロード数以上ないと印税くれないらしいのでヒットしないと無理っぽい。

私の場合は実質印税なし?  

2ちゃんねるで評判はよくないけど実際のところはわからないし、原稿料はそこそこなのでできれば受けたいと思っています。  

 

以上です。 正直、金銭面では厳しいですが、描くのを早くして頑張るほかないですね。

遅筆はホントに損ですよもう。  

 

☆☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆☆

プロかアマチュアか読者か、とりあえず漫画が好きなかたなのでしょうか。

この漫画文化を衰退させてしまう、表現規制の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.