漫画人生

コミスタ→クリスタの移行をとりあえず成功させる設定、操作【①導入、初期設定編】

投稿日:2015年10月29日 更新日:

1番

ComicStudio(コミスタ)からCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)にとりあえず移行したので、そこでつまずいた操作や設定の解決策をまとめてみました。

コミスタとコミスタの違いの記事にある注意事項も含めています。

コミスタ時代から高度はことはしていないので上級者さんには物足りないかもしれませんが移行成功への時間は短縮できるのではないでしょうか。

今回は①回目で、導入にあたって必要なことと、作画を始めるまでの設定です。

【②ネーム~ペン入れ編】

【③トーン~書き出し、印刷編

スポンサーリンク

導入

インストール

コミスタを持っている人は大抵、創作支援サイトCLIPでダウンロードではないでしょうか。

クリスタのダウンロードページ

素材もダウンロードして解凍しておきましょう。

このへんはコミスタの時と同じですね。

素材のインストール

クリスタをインストールすると、こんなアイコンを押して

クリスタアイコン

こんなん(CLIP STUDIO)が出ましたね。

クリスタ画面

見慣れない画面ですが、右上の歯車アイコンからまずは「素材インストール」でさっき解凍した素材のフォルダを選んでいきます。

クリスタ歯車アイコン

そして次は肝心の「ComicStudio 4.0素材のコンバート」です。

同じく歯車アイコンの中にありますね。

コミスタ愛用者にとってコミスタ素材は命!

コンバートされるのは、通常マイドキュメントにある

「ComicStudioVer4設定」フォルダの中身です。

注意事項として、その中の「Tone」フォルダ直下にトーンデータが入っていると失敗してしまうのでフォルダに入れておかなければなりません。

「トーン・素材・用紙テンプレートの変換に失敗しました」と出て、素材のコンバートに失敗してしまいます(外部サイト)

 

設定フォルダ以外に入っている素材は無視されるので、デフォルトのトーンなんかもコピーしてToneの中に入れておきましょう。

デフォルトのトーンは私のパソコンでは

Windows(C:)→ProgramFiles→CELSYS→ComicStudio4EX→Setting→Toneにありました。

それをComicStudio Ver4設定のToneフォルダにコピーすると、こんな感じ。

トーンフォルダの中

Toneフォルダの中にBasicToneとかMakerToneとかのフォルダを入れました。

公式ではデフォルトのトーンは移行できませんとか書いてあるのですが、手持ちの本には移行できると書いてあるので、移行しちゃいました。

トーン以外では3Dや画像、レイヤーも移行できます。

コミスタの素材パレットに登録してあればOk。

けっこう3D素材なんかは登録せずに、ダウンロードしてそのままコミスタの画面にドロップして使ってたのでコンバート前に登録しました。

念のため登録方法はこちら。

3D素材を素材パレットに登録する(外部サイト)

 

ちなみに、3Dはコンバートできなくても後からそのままクリスタに貼り付けできます。

 

以上を気を付けた後は、ウイルス対策ソフトの停止をしましょう。

私はよくわからなかったので一旦リアルタイムスキャンを停止しちゃいましたが、詳しい人は以下を参考に。

コンバートに失敗しまくってセルシス問い合わせた時にいただいた回答です。

以下の4つのフォルダを
カスタムスキャン、スケジュールスキャンで除外設定にして
頂けますようお願いいたします。
セキュリティソフトの設定方法は、ご使用のセキュリティ
ソフトウェアメーカー様へご確認をお願いいたします。

C:\ProgramData\CELSYS

C:\ユーザー\(お客様のユーザー名)\Documents\CELSYS

C:\ユーザー\(お客様のユーザー名)\AppData\Roaming\CELSYS

C:\ユーザー\(お客様のユーザー名)\Documents\ComicStudio Ver4 設定

※[ProgramData]、[AppData]フォルダが表示されない場合は、[コントロールパネル]→
 [デスクトップのカスタマイズ]→[フォルダオプション]を開き、[表示]タブの[詳細
 設定]一覧の[ファイルとフォルダーの表示]→[隠しファイル、隠しフォルダー、および
 隠しドライブを表示する]ラジオボタンを有効にしてから、[適用]ボタンをクリックします。

また、リアルタイムスキャンで以下のファイルを
除外設定にして頂けますようお願いいたします。

C:\Program Files\CELSYS\CLIP STUDIO\CLIP STUDIO\CLIPStudio(.exe)

上記設定確認後に、コンバートを再度お試しください。

 

ということでした。

また、念のためコンバート中にパソコンがスリープになるのも防いでおきました。

参考:スリープ時間変更 Windows vista 7 8

コンバートに1時間以上かかったような気がします。

念のため私はスリープ時間を5時間に設定したような・・・。

 

コンバートは複数回行うと素材が重複していくので一回だけにしましょう。

私はいろいろあって3回ぐらいコンバートしちゃいました(汗)

スポンサーリンク

起動してからの設定

さて、コンバートが完了したらいよいよ起動しましょう。

アイコンをクリックするかCLIPSTUDIOの「マンガやイラストを描く」をクリック。

ツールのインストール

トーン等との素材と同じくコミスタの命、ペンやブラシ等のツールをインストールしていきましょう。

参考:IllustStudioやComicStudioのツール移行手順を教えてください(外部サイト)

ここは簡単なので公式サイトに丸投げしてしまう私。

パレットの整理

ツールの移行が終わったらもうクリスタを使う直前です。

その前に画面の整理を。

パレットが多いので余計なパレットは消去していきましょう。

ツールパレットの独立

「カラーサークル」とかの名前をクリックしてドラッグするとパレットが独立するので、そしたら右上の「×」で消しましょう。

よそのパレットに近づけすぎると合体したりするので注意↓

ツールパレットの合体

サブツールのパレットに合体してひっそりと隠れてしまいましたの図。

こんな風に一体化もできるとは、コミスタにはない機能ですね。良い機能なのか・・・?

パレットの移動は自由なのでいろいろ試してみてください。

配置はこちらが参考になりそう。

パレット配置のカスタマイズ(外部サイト)

コマンドバーの編集

絶対にやっておいた方がいいこと、コマンドバーをいじる!

画面上部にあるコレ。

コマンドバー

ファイル→コマンドバー設定 で編集できます。

編集方法はいたって簡単なのですが、参考までに公式サイトの説明ページを。

コマンドバーに機能を追加する(外部サイト)

コマンドバー設定

少なくとも回転、左右反転、回転や反転をリセット、ズームインやズームアウトは欲しいですね。

単位の変更

インストールしたコミスタのペンを使って「あれ、こんなに細かったっけ?」と思ったら太さの単位が違いました。

クリスタだとデフォルトで「ピクセル」になってるんですね(コミスタはmm)

ファイル→環境設定→定規・単位 で「px」から「mm」に直しておきましょう。

 

さて、ここまで来たらもう作画に入りましょう。

続きはこちら。

【②ネーム~ペン入れ編】

【③トーン~書き出し、印刷編

 

☆☆☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆☆☆

漫画業界の衰退を招くだけでなく、女性や子供に被害が及びやすくなる、表現規制の危険性についても知っておいてください。

要チェックです。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.