子育て情報

結局一回も使ってない...意外と必要なかった出産準備品4つ(+1)

投稿日:2014年4月21日 更新日:

出産準備でベビー用品に使う費用は平均、14万8千円だそうです。

けっこうかかりますね。

無駄な分は省いて、賢くお金を使いたいところ。

そこで、買ったけど結局は必要なかったものを紹介したいと思います。

環境によっては必要になる方もおられるかと思いますが、絶対必要になってから買う方が効率的かと思います。

スポンサーリンク

使わなかった物の定番?ベビーベッド

これは意外でもないですかね。

必要ないものとしてよく名前が挙がってたり。

うちでは一回買いましたが「やっぱりでかくて邪魔だよな」ってなり、箱を空ける前に返品してしまいました。

赤ちゃんは夜中に泣くので、一緒の布団(もしくは隣に敷いた布団)に寝かせてすぐ抱っこできるようにしないと大変です。

友達でもベビーベッドを持ってる人はみんな全然使ってないようです。

「上の子がいるとちょっかいを出すので隔離用に使う」って意見もあるので、上の子がいらっしゃる方は上の子の様子を見て決めるといいですね。

うちは子供が4歳ですが、下の子が生まれても買わないと思います。

もし1歳違いとかだったら買うかも。

スポンサーリンク

安く代用できる!母乳パッド

飲ませる時以外にも、勝手に母乳がブシューとなる時があるので、ブラの内側に付けとく母乳パッド。

母乳育児には欠かせませんが、継続して買ってるとけっこうな出費になります。

安いのだと月に400円以内で済むかもしれませんが、安いのは肌触りも悪かったりするので私は600~700円のを使ってました。

でも結局、ガーゼのハンカチで代用できるんですよね。

それだと10枚入り600円ほどで、繰り返し使えます。 半年ぐらい母乳パッドを使っていたので、もったいなかったなぁ。

母乳がついたまま乾くと皮膚にくっついちゃうので、まめに取り替えましょう。

よだれにも個人差がある!よだれかけ

いただきものなので自分で買ったわけじゃないですが、一回も使えず。

赤ちゃんて絶対によだれがダラダラしてると思ったらそうとも限らなくて、全然出ない!

でも、よく飲みすぎた母乳をタラーと口から出してたので使おうと思いましたが、寝てることの多い赤ちゃんの首に巻いて、何かの拍子に締まったら怖いので使えませんでした。

自分で動ける頃にはもうサイズが合わないし、母乳を吐くこともなくなってるし。

使う場面がなかった。搾乳器

これはもうなんで買ったのか覚えてない

買ってみたかったんでしょうか。

出産後の訪問助産師さん(市の決まり?で来ることになってる)に 「母乳は吸って飲むんじゃなくて押し出して飲むもの。搾乳する必要があったらちくびの周りを押して絞るように。搾乳器は使わない方がいいよ。」 とも言われました。

使ったらまずいってわけでもないんでしょうが、そもそも使う場面がなかった。

友達が乳腺炎になりましたが、その時も赤ちゃんに普通に飲んでもらってたそうです(味はマズくなるけど、害はないので)

その他、使わなかったのはうちだけ?と思うもの

まさかの哺乳瓶

母乳育児で、特に誰かに赤ちゃんを預けることもないので一度も使いませんでした。

もったいないのでお茶を入れて飲ませてみようとしましたが、「ぺっ」ってされました、「ぺっ」て。  

ではでは、次回は妊娠中または小さい赤ちゃんがいらっしゃる方に知ってほしいこと書きたいと思います。

今回とは逆に、買ったら便利だったベビー 用品も含めて書きたいです(^^)

追記:書きました。えっこれもダメなの!?妊娠したかもと思ったらすぐNGになるもの10個  

 

 ☆☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆☆

お子様が生まれる(もういる?)のかな?おめでとうございます。

ぜひお子様のため、表現規制の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします。

-子育て情報

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.