漫画人生

漫画家志望者はアシスタントをやるべきかまとめてみた 私がやらない理由

投稿日:2017年2月8日 更新日:

漫画家を目指していると、アシスタントの仕事をするべきか悩む人が多いんじゃないでしょうか。

そこで、アシスタントをするメリットやデメリットをまとめてみました。

私がやったことない理由や、アシスタントはこんな人におすすめ、というのもご紹介。

最後の方にはアシスタントになる方法や、給料についても。

スポンサーリンク

アシスタントをするメリット

メリットについて参考になったサイトはこちら。

新人マンガ家相談室ー漫画街(外部サイト)

プロの編集者が質問に答えてくれてます。

今は新規の質問は受け付けていませんが、過去ログが膨大にあるので検索してみれば知りたいことが見つかる可能性大。

現場の技術を学べる

通いのアシスタントであれば、先生や他のアシスタンの技術を生で見ることができます。

使っている画材やその使い方、作業のペース配分など、生の技術が学べます。

在宅デジアシの場合はそういうわけにもいかないですが、先生の原稿データが見られるだけでも参考になるんじゃないでしょうか。

といっても、プロ漫画家が全員絵がうまいわけではないのでそこは注意(笑)

アシスタントとの関わり方を学べる

作家さんからアシスタントさんへの指示の出し方や、教え方、トーンの指定の仕方など、将来自分がプロになってアシスタントを雇うようになった時に役に立ちます。

漫画を描くことでお金がもらえる

背景を描いたりトーンを貼ったり、漫画を作る作業をすることでお金がもらえるので、全然関係ない仕事をするよりは絶対にプラスになります。

描くスピードが上がる

決まった期限までに終わらせなければいけないので、自然とスピードアップします。

実際に漫画家のアシスタントをしていた人のサイトを見ていたら、「確実に描くのが早くなる」と書いてありました。

だいぶ昔に見たサイトなので、どこのサイトだったかは覚えていません、すみません。

編集者との関わりができるかもしれない

Q:漫画賞に投稿しようと思っているのですが、その最終ページに「アシスタントを希望するか否か記載してください」というものがあります。(後略)

A:(前略)アシスタントを希望すれば、落選した場合でも編集者から連絡がくることがあり、うまくすると担当になってくれるかもしれません。編集部とのコネクションを求めるなら、希望しておくことをお勧めします。(後略)

新人マンガ家相談室【質問と解答】

投稿する際に、アシスタントを希望するかどうかを書く雑誌ありますよね。

希望しても審査には関係しないものの、落選しても連絡が来て担当になってくれるかも・・・との解答。

最低限の技術がないと連絡は来ないと思いますが、うまくするとコネができるかも?

・・・そういえば、私も投稿していた時にアシスタントを希望すると書いたことがありますが、1度も連絡来たことないな。

 

ただ、こんな解答もあります。

Q:(前略)アシは入ったら編集者から気に入られて有利になるのでしょうか?(後略)

A:編集者に気に入られるためにアシスタントを志望するつもりでしたら、アシスタントにそんなメリットはないと言っておきます。

新人マンガ家相談室【質問と解答】

アシスタントをやっているかどうか自体は審査には関係ないので、有利にはならないようです。まぁそりゃそうか。

アシスタントをすることで技術が上がったり、コネで編集さんにアドバイスをもらってそれを生かせれば審査に良い影響を及ぼすでしょうから、結果的には有利になりそうですが。

プロや他のアシスタントさんとの交流ができる

情報交換ができたり、良い刺激になったり、プロになって忙しくなったときに手伝いに来てもらったり、そういったネットワークを築けるかもしれません。

在宅のアシスタントだったら難しいと思うので、これは通いの場合ですね。

 

スポンサーリンク

アシスタントをするデメリット

自分の漫画を描く気が失せてくる

長すぎるアシスタント業は独立心を減退させ上昇志向を失わせますので、2~3年、長くても4~5年を目処にアシスタントを卒業して連載獲得を目指しましょう。

新人マンガ家相談室【質問と解答】

アシスタントでまとまった給料を貰えていたら、「これで食べていけるからいいか」と思ってしまい創作意欲が下がるのかもしれませんね。

自分の漫画を描く時間が減る

私がアシスタントをやる気がしなかった理由の1つなのですが、やっぱり他の人の作品を手伝うよりは自分の作品を描きたかった。

どうしてもお金が必要とかじゃないなら、自分の作品を1つでも多く描いた方がいいとやっぱり思ってしまいます。

アシスタントより同人をやった方が有利

アシスタントをやっているだけでは新人賞の審査で有利になったりしませんが、同人活動をやっていれば有利になる場合が多いです。

もちろん活動の規模にもよりますが。

既にファンが付いている同人作家と、無名のアシスタントだったら同人作家が有利になるのは当然ですね。

デビューもしやすいでしょうし、なんなら向こうからスカウトに来るかも。

 

ある程度描くスキルがあるならアシスタントをやるより同人やって名前を売った方が良いと私は思います。

まぁ私は同人もやったことないんですけどね。

だからこそ同人経験豊富な人がうらやましい。

アシスタントをするよりは、どうにかしてプロになった方が良い

作品を投稿して、「アシスタントやりませんか?」って編集部から連絡が来るような人なら、ジャンルや雑誌を変えればどこかでデビューできるんじゃないかと思います。

ちょっとマイナーなジャンルや雑誌を狙ってみるのも良いんじゃないですかね?

才能ゼロで漫画家になるには。必要なこと7つ

どうしても希望の雑誌で描きたいのであれば別ですが。

私がやらなかった理由

私はアシスタントをやったことがありません。

理由は上の「デメリット」があるからです。

アシスタントをするよりも、どうにかしてプロになるか同人をするべきだと思いました。

昔、投稿作に「アシスタントをしたい」と書いてみたのに全く連絡がなかった私が言うのも変ですけどね。

アシスタントはこんな人におすすめ

どうしてもお金が必要

お金が必要で働かないといけない場合、飲食店などで働くよりアシスタントの方が漫画の腕を磨けますよね。

同人活動で稼げる人なら、もちろん同人の方が良いと私は思いますが。

投稿作は描きづらい状況

私は既婚で子供もいるので、漫画を描くのが忙しい時は私の母に家のことを手伝ってもらうことが多いです。

「仕事」という大義名分があるからヘルプを頼めますが、これがもし投稿作だとしたら頼みづらいでしょう。

仕事と違って確実にお金が入ってくるわけではないので、投稿作を描くのはどうしても周りから見ると「趣味や娯楽」みたいになってしまい、趣味のためにヘルプは頼みづらい。

アシスタントもちゃんとした仕事なので、私と同じように「投稿作を描く時間を取るのは立場的に難しいけど、仕事としてなら可能」という状況の方にアシスタントはおすすめ。

描くのが遅い

投稿作には締切日がハッキリ決まっていませんが、アシスタントをするなら作家さんの締切があるのでそれに合わせることになります。

締め切りに追われて作業することで今よりも手が早くなるでしょう。

今は自分の作品を描く気力がない

アシスタントをやったことがない私ですが、今になって「やってみようかなぁ」なんて思っています。

いちおう漫画の仕事をしようと思えば無くはないのですが(売れてないけど)、モチベーションが下がり過ぎて、最近あまり描きたくないというか・・・。

全く描かないでいると腕がさらに鈍るので、じゃあアシスタントするのはどうだろうか・・・なんて思う今日このごろ。

漫画家のアシスタントになるには

投稿や持ち込みをしている雑誌の編集さんに紹介してもらう

ある程度技術のある投稿者には、編集から「アシスタントしませんか?」と打診があったりする様子。

投稿作の応募要項に「アシスタントを希望するか」という項目があれば書いておきましょう。

持ち込みに行った時に「アシスタントしたいんですけど」と言ってみるのも良いんじゃないでしょうか。

GANMOで応募、もしくは募集

GANMOというサイトで、アシスタントを募集中の漫画家さんのところへ応募したり、自分でアシスタント先を募集したりできます。

GANMO(がんも)- 漫画家さん×アシスタントさんマッチングサービス -(外部サイト)

 

私も前に、ここでアシスタントさんを探しました。

漫画の在宅デジタルアシスタントを雇ってみた 給料、募集方法etc

アシスタントの給料

仕上げのみアシスタントの日給だと8000円~1万円くらい。背景も描けるアシスタントだと1万2千円~1万5千円くらいでしょうか。

新人マンガ家相談室【質問と解答】

給料は決まりがないので雇う作家さん次第ですが、一般的に上記のような感じみたいですね。

漫画「ワンピース」のチーフアシスタントは年収1億円(!)とかいう噂もあります。

在宅デジタルアシスタントの場合は日給や時給じゃなく、出来高の場合もありますね。

 

例:トーン貼り 1枚1000~1500円

背景 小さいもので一点500円~大きいものだと2000円超

というような印象です。

 

以上です。

 

漫画業界は常にアシスタント不足らしいので、興味がある方はやってみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆☆

漫画家や漫画家志望者の未来を潰す表現規制 の危険性についても知っておいてください。

よろしくお願いします。

-漫画人生

Copyright© 表現規制を危惧する母漫画家のブログ , 2017 AllRights Reserved.